バウハウス(BAUHAUS)の『ジギー・スターダスト(ZIGGY STARDUST)』カバー★

f0004532_13204089.jpg
★80年代の私を回想することはとても愉しい。ついこの間のことのよう。ボウイが大好きな私は、バウハウス(BAUHAUS)を知った時、あまりにも自然に”これだ!”と感じた。オリジナルでシングル各種、アルバムと揃ってもいる。そして、いまだによく聴いている。群を抜いてカッコ良かった!思えばバウハウスの4人のメンバーのルックス度は高い(やや過去形にもなりそうな方も)。ヴォーカルのピーター・マーフィー(Peter Murphy) 、ギターとサックスのダニエル・アッシュ(Daniel Ash)、ベースのデヴィッド・J(David J) 、ドラムのケヴィン・ハスキンス(Kevin Haskins) 。ケヴィン・ハスキンスが最もハンサムにも思うけれど、4人共が違った個性を持ちバウハウスであった(ある)。1982年にボウイの「ジギー・スターダスト Ziggy Stardust」とブライアン・イーノの「サード・アンクル Third Uncle」のカップリング・カバー・シングルを発表。ニューウェーブ(ポストパンクとも)シーンにバウハウスは70年代の英国グラムロックを継承したバンドであったとも云えると想う。ゴスと云えばバウハウスは欠かせない。そのゴス帝王の先にはさらにゴッドなボウイが存在していた。これらの美しき継承を麗しき人々が体現してくださっていた。その刻に思春期~青春期を過ごした私の心に記憶された黒い薔薇の十字架♪


f0004532_12421270.jpg

[PR]
by bowieworld | 2009-05-14 11:52 | ボウイの曲のカバーたち
<< 永遠のロック名曲★『ジギー・ス... ニナ・ハーゲン(NINA HA... >>