ボウイとウィリアム・バロウズ(WILLIAM BURROUGHS)★

f0004532_5121251.gif

★ボウイはビートニクに影響を受けたお方で、そもそもは兄テリーの愛読書であったジャック・ケルアックの『路上』に大きな衝撃を受けたという。そして、ボウイはウィリアム・バロウズと文通友達であった。その書簡が公開される日は来るのだろうか...私の死後なら有り得るのかも。バロウズはロック・ミュージックとの繋がりも大きい。バロウズの有名なカットアップやフォールドインという手法。ボウイは70年代にこの手法を自らの作品で実践している。バロウズの書物を読んでもよく訳が分からないけれど何か圧倒的な言葉の力を感じる。同じように、ボウイの曲はその歌詞通りに訳してもさっぱり分からない。けれど、その中には伝わるものがあり、それら断片を蓄積しては私なりの漠然としてはいるけれど、ボウイの歌の世界が浮かび上がる...まだまだその過程であり何もよく知らない。ホモセクシャルでジャンキーで誤って妻をウィリアム・テルごっこという遊びの中で射殺しているバロウズ。その後も放浪生活を続け1997年に83歳で死去されたお方。このような語り草は有名だけれど、やはり謎めいた作家であるし生き様が実にユニーク過ぎる。バロウズを描いた映画やバロウズの作品を映画化したものもあるけれど、バロウズの圧倒的な存在感には到底及ばない。ボウイにはベルリン3部作という一連があるけれど、バロウズにはカットアップ3部作とされる一連がある。『ソフトマシーン』『ノヴァ急報』『爆発した切符』。網羅はしていないけれど、いくつかの作品を読んだ。『ソフトマシーン』というタイトルはロバート・ワイアットが事故に遭う以前に在籍していた英国のジャズ・ロック・バンドを想起させる。また、スロッビング・グリッスルのジェネシス・P・オーリッジもバロウズからの影響の大きいお方。文学や絵画の手法がロックと繋がっている。パティ・スミスもバロウズへの追悼作品を作っているし。また、ボウイはイギー・ポップのことを”イギーは最後のビートなんだ”というようなことを仰っていた。とにかく興味深い繋がりである!
[PR]
by bowieworld | 2009-05-22 23:59 | 盟友・旧友・関連アーティスト
<< デヴィット・ボウイ&ポール・マ... クラウス・ノミ(KLAUS N... >>