投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

『野性の息吹き WILD IS THE WIND』

★ボウイの1976年『STATION TO STATION』に収録されている素晴らしい楽曲!ボウイはピアノ伴奏だけでまる一枚のアルバムを作られても素敵だろうなあ~と思う。この『WILD IS THE WIND』は邦題の『野性の息吹き』として馴染んでいる。ジョージ・キューカー監督の1957年の同名映画からのカバー曲。物悲しくも美しい!1966年にニーナ・シモンも歌われている。私はボウイで先に知った。けれど、残念ながら映画『野性の息吹き』は未見。とても観たいと熱望しているのは、主役がアンナ・マニャーニとアンソニー・クインであること。また、音楽がディミトリ・ティオムキンであることも大きな理由。ジョージ・キューカー作品で観たものは15作品くらいながら相性はとても良いので嬉しい。どうしても観たい作品がまだまだ。その中の一つ。でも、バーブラ・ストライザンドの歌う動画の中で少し観れた(アンソニー・クインは映っていない)。なので、さらにDVD化の熱望を♪

David Bowie - Wild Is The Wind


Barbra Streisand - Wild Is The Wind



■  [PR]
by bowieworld | 2009-06-06 10:25 | 素晴しきアルバム・楽曲たち
<< ボウイとリズ(エリザベス・テイ... ご予約受付中です!★5/29(... >>