ボウイのいない朝を迎えても・・・★

f0004532_11084374.jpg
★ボウイの死から3日目の朝を迎えた。こんな数え方嫌だな...でも数えてしまうのです。そして、やはりボウイって人間の姿は仮の姿であって、どこか遠い星へ帰って行ったのかも?と。ボウイが好きになり無我夢中だった。何に?って、ボウイに!なのであの小娘の蒼い刻が昨日のことのように蘇るのです。級友たちは恋に芽生え青春謳歌している中、私はボウイに恋していたのだと思います。「デヴィッド・ボウイ」というこの世の者とは思えない「美」の存在に。当時から、こんな私を友人たちは「変わってる」とか「現実を見ないと」...云々。あれから30数年経た今の私も然程進歩しているようでもないけれど、好きなもの、尊いと思うものが刻まれ深くなっている気はします。その心の核にボウイはしっかり在る。消えることなど無い。ゆえに、ボウイのいない朝を迎えても・・・これからも私の人生と共に在ることには何ら変わりはないのだと。幸せ者です。

ボウイの死因は肝臓癌だったとの報道。私の父もそうでしたので壮絶な痛みとの苦闘の最期を想います。生き貫く姿をふたたび見たようで、父とボウイの死がオーバーラップしてしまいます。ボウイも延命治療など望まなかったのでは、などと想像したり。人が自分の死を覚悟する。その感覚はかっこいいけれど愛する人の死への想いは人それぞれ違うのでしょう、家族内でさえ。ボウイはご自身の死を覚悟した上で作品を私たちへの贈り物として遺してくださった。その強い意志が、心が託された作品が『★ ブラックスター』であり、ミュージカル『ラザルス Lazarus』である。下の写真は『ラザルス』の初日(12月7日)のもので、ボウイの公の場では最後のもののようです。

ボウイが死を以って遺してくださったものは、これからますます不穏で混沌とした世界を生きる私たち、子供たちへのメッセージでもあるようです。まだ一緒に生きて欲しかったけれど...☆

以下、2つの興味深い記事を引用させて頂きます。
f0004532_11100009.jpg
デヴィッド・ボウイの共同制作者「1年以上前に肝癌だと告げられた」

12月にNYで上演がスタートしたミュージカル『Lazarus』をデヴィッド・ボウイと共同制作したイヴォ・ヴァン・ホーヴェ舞台監督が、ボウイの最期の日々について語った。監督は、「1年と3ヵ月以上前に、彼(ボウイ)から肝癌を患っていると告げられた。彼自身が知ってすぐだ」と、オランダのラジオ局NOS.nlに話した。ボウイは、制作現場に常に立ち会うことはできなくなるかもしれないと考え、監督に告げることにしたようだ。彼は「僕らは来年、集中的に作業しなくてはならない。もし僕がそこにいられないとしたら、これが理由だってことを知っておいてもらいたい」と話したという。ボウイは『Lazarus』の初日(12月7日)、キャストや監督とステージに立ち、観客からの拍手に応えた。これが公の場での最後の姿となった。壇上のボウイは元気なように見えたが、実際はとても具合が悪かったそうだ。ヴァン・ホーヴェ監督はこう話している。「彼は元気そうだと報道されたが、舞台裏では極度の疲労のため倒れていた。そのとき、僕は悟ったんだ。彼に会うのはこれが最後かもしれないって」それ以前のリハーサルでも、身体的にはとても弱っていたそうだ。しかし、「精神的にはそうじゃなかった」と、ボウイは作業を中止するのを拒み、病と「獅子奮迅の勢いで闘っていた」という。監督はまた、『The Times』紙のインタビューで、ボウイは最後まで創作活動を続けようとしていたと明かしている。「(舞台挨拶の日)彼はとても弱っていて、ステージから降りたとき椅子が必要だった。でも、彼はこう言ったんだ。“さあ、次のを創ろう”って」ボウイが死を覚悟の上、制作した作品はもう1つある。遺作となったニュー・アルバム『★(Blackstar)』が、亡くなる2日前、彼の69歳の誕生日だった1月8日にリリースされた。

引用:BARKS 2016-01-13 17:54:34



『ラザルス』 レポート

物語は小説から40年後の世界が舞台。マイケル・C・ホールが演じる地球に留まったままのニュートンは、死にきれない魂を抱えている。だから物語は、彼に安らかな結末を迎えさせてあげたい、宇宙に返してあげたい、という内容のもの。物語のキーは、彼を宇宙に返してあげたいと思う“天使"に出会うこと。ソフィア・アナ・カルーソがその“天使"をイノセントにフラジャイルに、美しく演じている。

ミュージカルは、アルバムからの新曲でもある「ラザルス」で幕開けするのだが、この歌詞がさっそくスゴい。「ここを見て/僕は今天国いる」「僕は傷を抱えている。誰の目にも見えない/僕はドラマを抱えている。誰も奪うことのできない/すべての人がもう僕が誰なのか知っている」「僕にはもう失うものなどない」と。すでに発表されているシングル「★」も彷彿とさせるジャズに影響されたと思われるが、しかし不惑な世界を象徴するようなナンバー。素晴らしいのは、主演のニュートンが歌い出した瞬間、ボウイが歌っているようにしか聴こえなかったこと。彼は、ボウイを自分の中で取り込み、しかし安っぽいマネに陥ることなく、ボウイの歌を絶妙なバランスで彼なりに体現していた。そしてこの歌がさっそく舞台全体のトーンである、ディストピアとも言える、破綻した世界観を映し出していた。ステージはスタイリッシュだが、非常にシンプル。ベッドと外の世界を映し出す巨大なTVスクリーン、そして、レコードプレーヤーと、ボウイのアナログ盤が置かれていた。そのミニマルなスタイルが、正に世界の孤独を表していたようでもあり、また舞台の隅々にボウイの分身がいるようだった。さらに、舞台の背景には、ガラス越しに、サックス奏者も含めたバンドがいて、彼らの姿も見えるようになっていた。

主人公のニュートン以外の出演者も最小限だが、この舞台のユニークだったところは、彼らの断片的な情報の台詞に観客が混乱しそうになったと思えた瞬間に、ボウイのヒット曲「チェンジス」などが歌われるという感動的な構成になっていたこと。つまり、目の前に暗黒が見えた瞬間に、ボウイの曲が観客への光となって照らす役割を果たすのだ。しかも、たった200人の小さな劇場で、俳優達が、生で、大音量でボウイのヒット曲を歌うのである。そのエンターテインメント性と言ったら破格で、でもだからこそ、シュールな物語とのギャップに、迷宮に入り込んだ錯覚に陥るという素晴らしい構成になっているのだ。ボウイの曲は、サックスなどが入ったジャズっぽいアレンジで演奏されることもあった。しかし、それぞれの曲が、その時のシーンを見事に反映していた、というのも、興味深いところだった。そういう意味では、この舞台は、ボウイが一貫して描いて来た物語の延長線上にあるとも言える。TVスクリーンに映し出される奇妙な映像は、ニュートンの混乱した心理の混乱を映しだすこともあったし、またはメディアの混乱を映し出すこともあった。登場人物達の人格は、物語に複雑な視点を与え、物語を進行させる機動力となっていた。ダークなディストピア的な舞台は、ボウイらしい世界観であり、しかし、そこで展開される物語は、主人公の孤独、そしてだからこそ人と繋がりたいという思い、そして愛。しかし、その愛が不条理な暴力によって破壊されることについてである。ただ、主人公は、最後に、美しく悲しい結末を迎える。「ヒーローズ」に終わるこの物語で、ボウイは地球に対して何を言いたいのだろうと思わせるエンディングでもある。

ボウイは、これまで自身が様々なペルソナになって、時代の物語を反映してきた。ここで映し出された世界観というのは、恐らく彼に今見えているカオス化した世の中を映し出す物語であり、それがあまりに混乱しているため、ミュージカルというある種大げさな物語にまでして語る必要があると思ったのだろう。そして、この物語の出発点となった「ラザルス」が新作『★』にも収録されているように、このミュージカルと新作には、兄弟のような親密な関係性があるのではないかと思うのだ。ジャズ的なサウンドで世界の混沌を表し、しかし、その力強い曲が観客に光となるような、ボウイの新たなペルソナの地球への帰還を益々期待させてくれるようなミュージカルだった。

Text by Akemi Nakamura

【『ラザルス』で使用された楽曲(※舞台使用順)】
01.Lazarus(新曲)
02.It's No Game
03.This Is Not America
04.The Man Who Sold the World
05.No Plan(新曲)
06.Love is Lost
07.Changes
08.Where Are We Now?
09.Absolute Beginners
10.Dirty Boys
11.Killing A Little Time(新曲)
12.Life On Mars
13.All the Young Dudes
14.Always Crashing in the Same Car
15.Valentine's Day
16.When I Met You(新曲)

引用:デヴィッド・ボウイの最新シングルと
同名舞台作品『ラザルス』のレポートが到着
OK Music 2015.12.20 18:00


[PR]
by bowieworld | 2016-01-14 10:10 | ボウイに付随する私的な想い
<< チベット仏教の高僧ラマ・チメ・... 世界最強の狂おしく美しきロック... >>