ミック・ロンソン:MICK RONSON★フォーエヴァー!(その2)

f0004532_825106.jpg
「フレディ・マーキュリー追悼コンサート」で忘れられないのはやはりミック・ロンソンとイアン・ハンターの登場場面。最近になり、こちらのサイトにYouTubeが貼れるようになりましたので、以前のミック・ロンソン★フォーエヴァー!の追記のようなものです。歴史的瞬間と言えると想います。1972年のボウイがモット・ザ・フープルのアルバム『すべての若き野郎ども』をプロデュースした中のタイトル曲(作詞・作曲はボウイ)。クィーンとボウイ(ここではサックスとバック・ヴォーカル)、ミック・ロンソン(リード・ギター)、イアン・ハンター(ヴォーカル)、コーラスの中にはジョー・エリオット(デフ・レパードのことはほとんど知りませんが、ボウイの大ファンであると知り嬉しいです)も。途中、ボウイがロンソンに何か話しかけに行きます...ボウイとロンソンが寄り添うシーンがまた観れたことに感涙してしまったものです。ロンソンとイアン・ハンターの縁も深いものです。モット・ザ・フープルのメンバーとして参加していた頃もありますし、連名でのアルバムもあります。

続いて『ヒーローズ』が演奏されます。動画は便利ですが音量差があります。ボウイのバックはクィーンとロンソン(リードギター)です。風になびくロンソンの髪、お姿が美しいです!最後にボウイは”祈り”を捧げます。ボウイとロンソンによる『ヒーローズ』が聴けること、観れることに感慨深いものがあります。ミック・ロンソン☆フォーエヴァー!!

Bowie-Ronson-Hunter-Queen/All the Young Dudes


Bowie-MickRonson-Queen/Heroes

[PR]
by bowieworld | 2008-10-14 08:33 | 盟友・旧友・関連アーティスト
<< 感激のボウイ・カバー集 『アンダー・プレッシャー』 ボ... >>