カテゴリ:ディスコグラフィー( 2 )

DISCOGRAPHY (編集盤・ライヴ盤・サントラ)

f0004532_19395223.jpg
《ベスト・編集盤》
『魅せられし変容 ベスト・オブ・デビッド・ボウイ』 ChangesOneBowie (1976年)
『美しき魂の告白』 ChangesTwoBowie (1980年)
『サウンド+ヴィジョン』 Sound+Vision BOX SET (1989年)
『チェンジスボウイ』 ChengesBowie (1990年)
『ザ・シングルス・コレクション』 The Singles Collection (1993年)
『THE DERAM ANTHOLOGY』 (1997年)
『CLUB BOWIE』 (2003年)

★編集盤は数多く世界中で発売されているので、主に国内盤を中心に挙げています。聴いていない編集盤もあるので、新しい発見があればまた追記したいと思います。

《ライヴ・アルバム》
『デビッド・ボウイ・ライブ』 David Live (1974年)
『ステージ』 Stage (1978年)
『ジギー・スターダスト・モーションピクチャー』 ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURE (1983年)
★伝説のジギー最終公演(ハマースミス・オデオン)を収録したライヴがようやく!映像も公開され涙しました。楽屋にはルー・リードがおり、1973年に一夜にしてこの名前が知れ渡ることになります。美しいです!なにか☆
『ティン・マシーン・ライヴ OY VEY,BABY』 TIN MACHINE Live OY VEY,BABY (1992年)
『SANTA MONICA '72』 (1994年)
『RarestOneBowie』 (1995年)
★「サンタモニカ1972年」と「RarestOneBowie」はメインマン(Golden Years)よりの発売。ボウイの許可を得ていない作品(ブートレグ)を多発していた。嘗てはそれらの音質の悪いものも買っていた時期があります。残しているものもあるので、またそれらの追記もしたいと思います。
『ボウイ・アット・ザ・ビーブ』 BOWIE AT THE BEEB:The Best Of The BBC Radio Sessions 68-72 (2000年)

《サウンドトラック》
『ジャスト・ア・ジゴロ』 Just A Gigolo (1978年)
『クリスチーネ・F』 Christiane F. (1981年)
『DAVID BOWIE in BERTOLT BRECHT'S BAAL』 (1982年)
『ビギナーズ』 Absolute Beginners (1986年)
『ラビリンス 魔王の迷宮』 Labyrinth (1986年)

★その他、『コードネームはファルコン』の主題歌『ディス・イズ・ノット・アメリカ』(1985年、パット・メセニーと共演。”デヴィッドはロック界のソニー・ロリンズだ”と讃美したと思う...(記憶が曖昧です)。また、アニメーション映画『風が吹くとき』(1986年)の同名主題歌も素晴らしい曲♪映画の中で使用されているボウイの楽曲は数知れず!フランスのレオス・カラックス監督、デンマークのラース・フォン・トリアー監督の作品には度々使われています。他にも、何気に観ていてボウイの曲が流れると、それだけで満足してしまうこともよくあります(『チャーリーズ・エンジェル』もそうでした)。
[PR]
by bowieworld | 2007-12-27 19:22 | ディスコグラフィー

DISCOGRAPHY (オリジナル・アルバム)

f0004532_557534.jpg
《デヴィッド少年・モッズ時代》~《デヴィッド・ボウイ》としてデビュー!
今なお健在のスーパースター!還暦を迎えても美しい☆

DAVIE JONES with THE KING BEES 1964年 
ハイスクール時代の17歳

THE MANISH BOYS 1965年 
18歳

DAVY JONES and THE LOWER THIRD 1965年~1966年 
18歳~19歳

《デヴィッド・ボウイ:DAVID BOWIE》と改名!
1966年4月1日  英国PYE 7”シングル『Do Anything You Say』
1966年8月19日 英国PYE 7”シングル『I Dig Everything』
1966年12月2日 英国DERAM 7”シングル『Rubber Band』
1967年4月14日 英国DERAM 7”シングル『The Laughing Gnome』

★そして、ボウイ20歳。遂に!1stアルバムの発売となるが、売れなかった...。DERAMは惜しいことをしましたので、後にジャケットと収録曲の伴わない編集盤を出して儲ける。

『デヴィッド・ボウイ』 David Bowie (1967年)
『スペイス・オディティ』 Space Oddity (1969年)
*英国原題は『David Bowie』なので、同名タイトルが続く。
『世界を売った男』 The Man Who Sold The World (1971年)
『ハンキー・ドリー』 Hunky Dory (1971年)
『ジギー・スターダスト』 The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (1972年)
『アラジン・セイン』 Aladdin Sane (1973年)
『ピンナップス』 Pin Ups (1973年)
『ダイアモンドの犬』 Diamond Dogs (1974年)
『ヤング・アメリカン』 Young Americans (1975年)
『ステイション・トゥ・ステイション』 Station to Station (1976年)
『ロウ』 Low (1977年)
『ヒーローズ 英雄夢語り』 Heroes (1977年)
『ロジャー 間借人』 Lodger (1979年)
『スケアリー・モンスターズ』 Scary Monsters (1980年)
『レッツ・ダンス』 Let's Dance (1983年)
『トゥナイト』 Tonight (1984年)
『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』 Never Let Me Down (1987年)

★《ティン・マシーン:TIN MACHINE》としての活動期。
来日公演も素晴らしかったです!
『ティン・マシーン』 Tin Machine (1989年) 
『ティン・マシーンⅡ』 Tin Machine Ⅱ (1991年) 

『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』 Black Tie White Noise (1993年)
『郊外のブッダ』 The Buddha Of Suburbia (1993年)
『アウトサイド』 1.Outside (1995年)
『アースリング』 Earthling (1997年)
『アワーズ…』 'Hours...'  (1999年)
『ヒーザン』 Heathen (2002年)
『リアリティ』 Reality (2003年)

★凄いです!大きなブランクもなく叩かれた時期の作品すら高水準作品ばかり。1975年~1976年辺りはアメリカ生活でボロボロの状態となり、ヨーロッパに回帰し1977年~1979年まではベルリンでの生活・音楽活動となります。イギー・ポップもやって来ます。ブライアン・イーノ、ロバート・フリップの参加。所謂”ベルリン三部作”時代です。1980年以降、少しオリジナル・アルバムが途絶えますが、それはジョン・レノンの暗殺という大事件があり、敬愛していたボウイなのでかなりの衝撃だったと想われます。2003年の『リアリティ』の発売、絶賛されたワールド・ツアーの終盤に大病をされました。が!ライヴや映画出演と不死鳥の如く復活され今なお健在なり!ロックの殉教者のようです。それは、きっとボウイが天から与えられた使命なのかもしれません。故に、カリスマだと言えるのです。カッコイイ~!


※(ベスト盤・ライブ盤・ライヴ盤を続けます♪)
[PR]
by bowieworld | 2007-12-27 04:34 | ディスコグラフィー