カテゴリ:ボウイの曲のカバーたち( 5 )

イアン・マカロック(Ian McCulloch)がボウイに捧げた曲 『Me And David Bowie』 とボウイのカバー曲 『The Prettiest Star』★

f0004532_14291140.jpg
★ボウイの死を世界中の人々が追悼し哀しみを共有している。強靭な精神力と優しいボウイの連鎖。いいな☆しかしながら、ボウイの影響は多岐に渡るので、「ボウイロス」が世界中で広がり今現在も進行中。私自身、やはり複雑な想いなのですが、なんとなくまだポカンとした空虚なものが漂う感じです。比較的、心は平穏であるようなのですが...。そして、もしかしたら復活したりして?!なんて。

デヴィッド・ボウイという存在を知り夢中で音楽(洋楽が主となって)を聴くようになった頃。あの蒼い刻を想起しながら色んなアーティストが浮かびます。80年代は正に思春期で、日増しにニュー・ウェイヴとかポスト・パンクと呼ばれる音楽が大好きになってゆきました。情報が少ないので音楽雑誌とラジオのエアチェックは欠かせないものとなり、次第にテレビ離れし今に至っています。
f0004532_14294620.jpg
ボウイ~ケイト・ブッシュ~ジャパンは私の洋楽開眼に導いてくださった方々です。でも既にキャリアもあり新譜を聴きながらも旧譜も探す旅の始まり。そんな中、なんとか同時代的に生きながら今も好きなアーティスト、殊にボウイから強く影響を受けたお方のお一人にイアン・マカロックを挙げることができます。エコー&ザ・バニーメンのファースト・アルバム『クロコダイルズ』です。セカンド・アルバムの『ヘヴン・アップ・ヒア』もリリースされていたと後から知るのですが、あの耽美的なジャケットに魅せられて。安いアメリカ盤(SIRE)でしたけれど。エコー&ザ・バニーメンのことはまた綴りたいと思います。

そのエコー&ザ・バニーメンのリーダーでヴォーカルのイアン・マカロックの曲「Me And David Bowie」やボウイのカバー曲「The Prettiest Star」を聴いていました。イアン・マカロックは新作が聴けないボウイは病気でもうすぐ亡くなるのかも知れない、との想いで居たそうです。そして「Me And David Bowie」を作ったのですが、2013年に突如『ネクスト・デイ』で大復活を遂げたのでした。マカロックはどんなに嬉しかっただろうか!12歳の時にボウイの「スターマン」を聴いて以来のファンのようです。ボウイの病気を心配し、その想いから曲を作るという感覚は少年時代からのアイドルでありファンゆえのこと。そんなイアン・マカロックが好きです。ヴォーカルも衰えることもない。あの美形なルックスにミスマッチな辛口な発言なども蘇ります。

衰えないヴォーカルです!
Ian McCulloch - "Me and David Bowie"


素晴らしいカバー!!
Ian McCulloch - The Prettiest Star Bowie cover


☆ボウイ、あなたがプリティエスト・スター!☆
David Bowie - The Prettiest Star


★暫く此処『ボウイ館』の更新が出来ずにいたのですが、ボウイを追悼すると共にやはり「ありがとう、ボウイ!」としか思えないので、想いがあふれるばかりですので、出来るだけ頻繁に更新したいと思います。訪れてくださる方々、ご縁に感謝いたします。これからもどうぞ宜しくお願いいたします♪

[PR]
by bowieworld | 2016-01-19 15:55 | ボウイの曲のカバーたち

バウハウス(BAUHAUS)の『ジギー・スターダスト(ZIGGY STARDUST)』カバー★

f0004532_13204089.jpg
★80年代の私を回想することはとても愉しい。ついこの間のことのよう。ボウイが大好きな私は、バウハウス(BAUHAUS)を知った時、あまりにも自然に”これだ!”と感じた。オリジナルでシングル各種、アルバムと揃ってもいる。そして、いまだによく聴いている。群を抜いてカッコ良かった!思えばバウハウスの4人のメンバーのルックス度は高い(やや過去形にもなりそうな方も)。ヴォーカルのピーター・マーフィー(Peter Murphy) 、ギターとサックスのダニエル・アッシュ(Daniel Ash)、ベースのデヴィッド・J(David J) 、ドラムのケヴィン・ハスキンス(Kevin Haskins) 。ケヴィン・ハスキンスが最もハンサムにも思うけれど、4人共が違った個性を持ちバウハウスであった(ある)。1982年にボウイの「ジギー・スターダスト Ziggy Stardust」とブライアン・イーノの「サード・アンクル Third Uncle」のカップリング・カバー・シングルを発表。ニューウェーブ(ポストパンクとも)シーンにバウハウスは70年代の英国グラムロックを継承したバンドであったとも云えると想う。ゴスと云えばバウハウスは欠かせない。そのゴス帝王の先にはさらにゴッドなボウイが存在していた。これらの美しき継承を麗しき人々が体現してくださっていた。その刻に思春期~青春期を過ごした私の心に記憶された黒い薔薇の十字架♪


f0004532_12421270.jpg

[PR]
by bowieworld | 2009-05-14 11:52 | ボウイの曲のカバーたち

ニナ・ハーゲン(NINA HAGEN)の『ジギー・スターダスト(ZIGGY STARDUST)』カバー♪

f0004532_5553226.jpg
★ニナ・ハーゲン(NINA HAGEN)は70年代がお好きだと語っておられ、その中でボウイの名も。そのインタビューを読んだのは80年代の終わり頃だったように思う。1980年のライヴでは既に『ジギー・スターダスト』のカバーをされていた。もっとあるのかもしれないけれど、これらの画像を知った時とても嬉しかった!私はボウイは別格として、とても女性ヴォーカルが好き。10代の頃に知り今もやはり好きであり続けているミューズにニナ・ハーゲンもいる。以前はこのエキサイトさまはYouTubeを貼る事を禁止されていた。私は「ボウイ館」では映像を付けたかったのだけれど、あまりYouTubeを頻繁に利用しないので別によかった。けれど、こうしたレア映像を拝見できるのだから侮ってはいけないと反省もした。『ジギー・スターダスト』のカバーというとやはり、バウハウス(BAUHAUS)!なので続けます♪

Nina Hagen - Ziggy Stardust Live 1980

Nina Hagen - Ziggy Stardust


[PR]
by bowieworld | 2009-05-13 06:07 | ボウイの曲のカバーたち

私の好きな『世界を売った男』のカバー♪

f0004532_1122484.jpg

★1970年録音のアルバム『世界を売った男』はもう40年近く前の作品。素晴らしい音楽は時空を超え、同時代でない私の心にも、またもっとお若いお方の心にも届き続ける。作者のボウイの手から離れて世界中に。なんて素晴らしいことだろう!「The Man who sold the world」の曲のカバーというとNIRVANA(ニルヴァーナ)のアコースティック・ライヴを思い出す、ついこの前のことのように。また、さらに遡りMIDGE URE(ミッジ・ユーロ)はサントラ『パーティー・パーティー』の中でカバーされていたのを私はとても印象深く覚えている。ミッジ・ユーロもやはりボウイ・フォロワー!素敵なお声(英国ハンサム声)は今も衰えてはいない♪

Midge Ure - The Man who sold the world


Nirvana - The Man Who Sold The World (rehearsal)

[PR]
by bowieworld | 2009-04-29 11:40 | ボウイの曲のカバーたち

感激のボウイ・カバー集

f0004532_91004.jpg

1 Ian McCulloch - The Prettiest Star
2 Culture Club - Starman
3 Guy Chadwick - Fall In Love With Me
4 Edwyn Collins - The Gospel According To Tony Day
5 The Divine Comedy - Life On Mars
6 Alejandro Escovedo - All The Young Dudes
7 Midge Ure - The Man Who Sold The World
8 Associates - Boys Keep Swinging
9 Big Country - Cracked Actor
10 Peter Murphy - Funtime
11 The Polecats - John, I'm Only Dancing
12 Blondie - Heroes
13 Sigue Sigue Sputnik - Rebel Rebel
14 Duran Duran - Fame
15 The Gourds - Ziggy Stardust
16 The Langley Schools Music Project - Space Oddity
17 Christian Death - Panic In Detroit
18 Black Box Recorder - Rock'n'Roll Suicide

f0004532_18115282.jpg

★英国の雑誌『UNCUT』のボウイ特集号(2003年)のFree CDより。私は知らなくてお世話になっているGOHAN-YA CAFE KITCHENの店主さまから教えて頂きお貸しくださったもの(後日購入)。私の周りにボウイ・ファンのお方は多く、また、いつ更新するのかも知れぬこの『ボウイ館』を見守ってくださる方々に感謝しています。学生時代はボウイのお話が出来る友人は僅かだったけれど、ずっとボウイが一等大好きであり続けて良かった。私よりももっと古くからのボウイ・ファンのお方や同世代、まだお若いお方とも今はボウイのお話ができる。ボウイが好きではないお方も多い。それも仕方ない。容姿やイメージだけで”デヴィッド・ボウイ?あんまり”なんて言われると口惜しいけれど有名だから仕方ないのかな...。あるお友達がご自分のお気に入りのセレクトCDを音楽好きの友人と情報交換として楽しんでいると教えてくださった。私よりずっと年下のお方でギター・ポップが大好きで好きなアーティストのバックボーンにまで今は向っている。そんな過程でボウイを聴き始めることになり今はボウイ・ファンでもあるお方。ボウイは有名なのでいつでも聴けるという感じで、やや軽視した様子のご友人に全くアーティスト名を書かずにそのセレクトCDを渡してみたという。すると、気に入った曲にボウイがいたと。嬉しかったと私にお伝えくださり、私も嬉しく思った。そして、”あの曲、デヴィッド・ボウイだよ”と伝えそのご友人はかなり意識が変わったそうだ。良かった!良かった!

ネオ・アコースティックやギター・ポップという嘗てのNew Waveシーンから継続されるポップ・ロックの世界。ブームもあった。何冊もそれらの特集本が発行されていた。全てを読んではいないけれど、幾つかは好きなアーティストも掲載されているので読んでみた。でも、その中の記事でヴェルヴェット・アンダーグラウンドやビーチ・ボーイズは登場してもボウイの名前は大きく浮上しないことがいつも不思議だった。ブリット・ポップの特集時ですら...これはかなり変だと思った。それらの書物は案内人の役割を持つのだろうからボウイに触れていなければボウイに興味はゆかない。他の音楽ジャンルでも同じだと想う。嘗て愛読購読していた『ロック・マガジン』や『FOOL'S MATE』で最新のインディー情報と同時にボウイやイーノ、プログレ記事を読み聴いてみたくなる若き日の私を想い出す。先日、阿木譲さんにお会いする機会に恵まれ、とても色々お話をしてくださり嬉しかった。終電がなければもっとお話させて頂きたかった。相変わらずストイックなお方で変わらぬものを感じ勇気付けらた。もう大先輩だもの!

このカバー集の1曲目はイアン・マカロック!お借りした時に収録内容をチェックする前に早く聴きたくて流したところ、”この声は!!”と思い涙した。エコー&ザ・バニーメンはデビューの時から好きで、加藤和彦さんのラジオ番組を聴いていて紹介してくださったのが最初。まだ10代の私はラジオは欠かせない情報源だった。その時にバウハウスも紹介してくださり知った。加藤和彦さんはその番組で”今のイギリスの音楽は大きく分けてボウイ系とフェリー系の二つにあるみたい”というようなお話もされ、ブライアン・フェリーも好きな私はたいそう喜んでいた。イアン・マカロックがドアーズやヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカバーをしても全く不思議ではないけれど、ボウイのカバーが聴けるとは思っていなかった。ボウイを聴いたことのない英国ミュージシャンを探すのは難しいだろうが。ネオ・アコというとアズテック・カメラは欠かせない。94年頃だったかのインタビューで”ジギー・スターダストを聴いてギターを始めた”というような発言をされていた。その時も驚きと感激で胸躍るものだった。そして、その記事を読まれたファンのお方がボウイのアルバムをお買い求めくださった。こういうことは忘れられない。このカバー集には既に発表されているものも含まれる。その中ではダントツにロズ・ウィリアムズのヴォーカルのクリスチャン・デスが大好き!でも好きなアーティストが並ぶ(15.16曲目はこれが初めて)ボウイ・カバー集なので、今まで聴いてきたそれらのアーティストの作品が浮かんだりと想いが巡る...ボウイは今はニューヨークのイギリス人だけれど、どうしたって英国人。私は音楽(ロック)はジョン・レノンから始まりボウイへ...そして今も色々と聴いている。フランスの音楽も大好きなのだけれど、ボウイがジャック・ブレルのカバーをしていたので母の持っていたそれまでは興味のなかった古いシャンソンも聴きたくなり今はすっかり魅了され続けている...音楽に国境はない。そして時をも超える☆

[PR]
by bowieworld | 2008-11-01 11:35 | ボウイの曲のカバーたち