カテゴリ:素晴しきアルバム・楽曲たち( 19 )

『セブン・イヤーズ・イン・チベット SEVEN YEARS IN TIBET』 ~ 今の日本の危機を想う

f0004532_15571359.jpg
「麗かな憂鬱・時の鐘よ鳴れ」にて、『デヴィッド・ボウイ / セヴン・イヤーズ・イン・チベット DAVID BOWIE / SEVEN YEARS IN TIBET (1997年)』の曲に付随する私の想いなど、そして連想ゲーム癖ゆえに、『デヴィッド・ボウイとドイツ表現主義★エーリッヒ・ヘッケル:ERICH HECKEL』のことを「クララの森・少女愛惜」にて少し綴りました。



●音楽やアート好きが政治的発言をしてはいけないのでしょうか?そんな愚問が私には壁でもありました。そんな筈はなく、私の好きな世界はすべて私の人生と関わりのあるものたち、とても大切な。デヴィッド・ボウイ!我がカリスマ!ボウイがなぜ、『セブン・イヤーズ・イン・チベット SEVEN YEARS IN TIBET』を1997年に発表したのでしょうか。スーパースターのボウイがこのような政治的メッセージを発することは大きな意味があります。また、チベットを、ダライ・ラマを弾圧し続ける、一党独裁の中国共産党にとっても喜ばしいことではない。そんな曲を、ボウイは『アースリング』のアルバムに収録のみならず、シングルカットとしてもリリースされた。静かなるボウイの心の叫び、全世界の人々への問いかけではなかったのでしょうか。

ボウイの歌詞は抽象的で、訳詞不能なものも多い。感じ取ること!それがボウイの音楽が好きかどうかの分かれ道な気がずっとしています。私の好きなアーティストは総じてそのような「理解」より「感じ取る」、言葉は伝達の上でとても重要ですが、詩の無い音、旋律で伝える言葉を超えた響きもある。私の嫌悪する覇権主義の中国共産党はチベット、モンゴル、ウイグル、台湾、インド、そして次は日本を標的にし、既に日本国内の土地やメディアを侵略しているではないですか!日本の報道は伝えない。当然でしょう!日本の経済界や大企業方は大事な中国マネー、利益、保身ゆえに自国を売る行為であることでさえ判断もできなく麻痺されているのです。ようやく日中国交正常化40周年などが夢物語である現実を知り始めたところ。心ある企業は中国からインドやミャンマーなどにシフトを始めました。賢明です。中国共産党のみならず、私が嫌悪するのは日本国内にいる日本人として生きながら、意図的に政治的目論みで日本を貶める事を是として行動している反日分子が多数存在することです。それも、表面的には「平和」だの「人権」だの「命」云々。

バブルの時代、私の世代は一番下っ端でお仕事だけは途切れることがない程忙しく、残業が当たり前でした。でも、私なりに学びの時期でしたし一生懸命働いていたと思えます。その後、今の日本はどうでしょう!私はもう良くて、次世代のさらにその次の世代...と先人方から脈々と続く日本に心を傾けることを優先して生きてゆきたいです。今20代、10代のお若き人々は就職難でアルバイト生活でどうにか生きている。世代感で語りきれないものがある。それは受け継がれゆくもの、それは守るべきものでもあります。最もタブーであり無関心を装おう処世術を身につ付けて大人になってしまった私のような世代にも責任は大きいのです。自戒の意を込めて!皆で考えなくては!声を出してゆきましょう。ダメでしょうか?論争や意見の異なる同士が罵倒し合うのではなくて、会話、語らい、連携できることに寛容に。それは嘗てあった連帯であり共同体へと繋がる。

私が石原慎太郎氏を好きだと云うと、驚きを隠せないお方も居られますが、皆賢明なお方が多く直ぐに「そうだよね」とか「ちょっとびっくりしたけれど、僕も慎太郎好きだよ」とか、意外とボウイ好きで石原慎太郎好きなお方が予想以上に多く嬉しい反応を頂いている今日この頃なのです。中国からすると嫌な存在の東京都知事であること、よって偏狭な情報操作が長年策略として仕掛けられてきたこと、ニュースにならないけれど幾度も都知事の暗殺説が流れること...日本は情報戦に於いてとても中国にも韓国にも遅れを取っていると思います。「アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)」という会議はあまりニュースで取り上げられませんが、石原氏が東京都知事になられ直ぐに開始され継続されている重要なものの一つです。このアジアで環境問題などを共に考えようという石原都知事提唱の動きに中国は加盟していません。今年からはロシアも参加加盟となり、都知事も歓迎されていました。中国はなぜ加盟しないのでしょう。出来ないのですね。アジア諸国のみならず、アフリカやヨーロッパにまでその覇権主義政策を続けており、環境汚染は大変な国内問題です。日本で反原発も良いですが、数々の核実験による黄砂が今も日本にも影響していることを忘れていませんか?中国は今後、原発建設を加速化と打ち出しています。韓国もですね。日本の技術より劣る管理能力は恐怖です。福島を東北を風評被害で煽る国内の人々の愚劣さにも嫌悪します。

東日本大震災の復興を命懸けでするとおっしゃった野田首相はまだ引き伸ばし作戦で延命に必死なご様子ですが、いい加減にして頂きたいです。毎日生きることが精一杯な国民がどんなに多いことか。中国なんて経済大国2位(日本を抜いたと喜んでおられます)が、共産党幹部の一部の人達が巨大な富を得、海外に家族は移住、せっせと先を読んで行動されていますね。情報統制されていますので、反撥すれば政治犯とか国賊扱いで重刑を科せられるお国です。人間としての最も尊い「自由」がないのです。私は中国で民主化運動をされている人々を支持しています。また、貧しい農民たちご家族の悲惨な生活や汚染された環境を憂慮します。

個人間の交流に国籍や人種は関係ない。けれど、国家間は区別して考えなければ。そして、国家なんて関係ない...などという暢気な思考はそろそろベクトル修正しなくては。「私」とは家族へ、隣人へ、それは国家へと繋がるもの。なので、大切な東北の土地や海、日本の領土である尖閣諸島の危機は死守なのです。尖閣を中国が奪うと次は沖縄、そして本土へと、一点突破。そのことを石原都知事は幾度もおっしゃる。「日本をチベットにしたくない」と。都合の良いレッテル貼りがお好きな方々は石原氏を反中だとか右翼だとか。何も知らないので呆れます。石原氏は日本を守る意味での保守主義ですが、政策やイデオロギー的には中道或いは、左派、リベラルだと思います。なので、右からも左からも非難される局面に遭うのです。保守、それに自由主義的思想が強いお方だと思っています。なので、英国発の保守自由主義者、その思想を受け継ぎながらも特異な石原慎太郎流の哲学となり生の人、実存主義者としての姿から捉えると見えてくるものがあるように感じています。兎に角、論じ難い巨星です。知人のフランス人のお方が、「石原都知事は日本の宝です」と伝達してくださいました。日本人より海外のお方の方が日本を心配してくださっているのかもしれません。襟を正す思いでそのお言葉にお礼を伝えました。寛容に色々な人々の言葉、立場での語らい。嘗ての先人方はそうして共闘して来られたのですものね!温故知新は学びの源です☆


[PR]
by bowieworld | 2012-10-17 18:01 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『クリスタル・ジャパン』★宝焼酎『純』CM提供曲とご出演(1980年)『時代が変わればロックも変わる』♪

f0004532_13102919.jpg
★デヴィッド・ボウイ(DAVID BOWIE)の『クリスタル・ジャパン(CRYSTAL JAPAN)』は1980年にシングル盤となった曲であり、当時このCMになんと!ボウイがご出演されていたのである。私は洋楽にのめり込む真っ只中であり、かつボウイの『ジギー・スターダスト』のアルバムに遭遇できずに色々と新たな出会いに歓喜していた頃。毎日ラジオを聴きエアチェックは習慣となっていた。カセットテープが今でも大好きなのは多くの音楽との想い出があるからかもしれない。この『純・ロック・ジャパン』あるいは『時代が変わればロックも変わる』という麗しいお姿でブラウン管に登場されたボウイ!この時の私の感動やときめきは言葉では表わせない。でも、今も然程変わってはいないけれど、「きゃあ~☆!」という瞳も心も輝き躍るというような存在。

このコマーシャル出演の情報は、当時クラスメイトに「ボウイ隠密」と云われていた私は事細かに音楽雑誌をチェックしていた頃に。不思議なもので本屋さんでパラパラっと雑誌を眺める時、「デビッド・ボウイー」という活字は直ぐに飛び込んで来るのだった。ボウイの事が少しでも書かれていたら見つけた雑誌は何でも買っていたという頃。そんな中で知り得た情報でドキドキと本当だろうかという想い。父は時代劇と刑事ドラマが好きだった。母は家族ドラマ。そして、吉本新喜劇と松竹新喜劇を毎週観て育った。石原軍団よりも池辺良や高倉健という世界が、または、私の好きな日本の男性像が次第に確立して行った。そして、フランスのフィルムノワールの世界が今も大好きなことにも繋がってゆく。石原プロものというと『太陽にほえろ』が最も馴染みのあるドラマだったけれど、このボウイのCMが毎週確実に観ることが出来たのは『西部警察』という石原軍団による刑事ドラマがあり、提供にこの『宝酒造・純』が入っていたことによる。というよりも、私はボウイが出演される『純・ロック・ジャパン』のCMが観たいが為に『西部警察』を観ていたと云える。けれど、毎週観ていると結構面白く、中にお一人だけ大きなバイク(ハーレーだったと想う)に乗って登場し活動する刑事が居られた。それは舘ひろし。抜きんでカッコよかったのでその刑事の登場を待っていた。そして、舘ひろしというお方はクールスというバンドのヴォーカルでもあったということも知る。矢沢永吉のあのキャロルの親衛隊でもあったそうだ。この辺りのことは今もほとんど知らない。

このボウイの『クリスタル・ジャパン』はボウイによる楽曲でインスト。キーボードとシンセサイザーによる主旋律でボウイ流の「雅(みやび)」が奏でられるという美しい曲でもある。このシングルは日本盤にしかなっていない。また、B面も大好きな曲。クルト・ワイル&ベルトルト・ブレヒトによる『アラバマ・ソング(ALABAMA SONG)』を歌うボウイの名曲カバーの一曲が収録されていた。この曲は以前の来日公演でも演奏されたという。私は『シリアス・ムーンライト・ツアー』が最初のボウイ・ライヴ体験なので残念。この当時の家のビデオはどういう訳か小さなビデオテープ対応のもので録画したこのボウイの映像がデッキの故障と同時に観れなくなってしまった。YouTubeで拝見できたので嬉しかったけれど、このシングル・ジャケットにあるヴァージョンは入っていない。贅沢は云わず感謝しなくては!何かの雑誌で「このボウイは田宮二郎に似てる」と書かれていたので、「タイムショック」や「白い巨塔」しか知らなかったけれど東映、東宝時代のお若き姿を後に拝見すると蒼白顔のカッコいいお姿であったと田宮二郎を再認識することにもなった。ああ、やはり日本映画やドラマは「昭和」で時が止まっている私である♪



(追記)
★このYouTubeで朝からボウイを拝見。今もまた観たくなって観ていた(そんな為にブログに掲載してもいる)。このシルクのシャツも綺麗です。この想い出も蘇ります。このCMが放送中か直後の頃、梅田の阪急三番街の上の方の階にレコード屋さんがあったのでよく行っていた(今は無いけれど)。日曜日に友人と行くと、手の届かない入り口の高い場所に「デビッド・ボウイーが着ていたシャツ!」と飾ってあった。確か100万円と書かれていたと記憶している。私は拝見できるだけでぽお~っという想いだったけれど、クールな友人は「ボウイが着ていたシャツと同じ物で、ボウイが本当に着ていたものかは分らないよ」と興醒めなことを云った。でも、今では私も定かではないなっと想う。当時、この展示されていたシャツの事をご存知のお方も居られると想います。懐かしいです♪


[PR]
by bowieworld | 2010-02-15 12:09 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『野性の息吹き WILD IS THE WIND』

f0004532_10514776.jpg
★ボウイの1976年『STATION TO STATION』に収録されている素晴らしい楽曲!ボウイはピアノ伴奏だけでまる一枚のアルバムを作られても素敵だろうなあ~と思う。この『WILD IS THE WIND』は邦題の『野性の息吹き』として馴染んでいる。ジョージ・キューカー監督の1957年の同名映画からのカバー曲。物悲しくも美しい!1966年にニーナ・シモンも歌われている。私はボウイで先に知った。けれど、残念ながら映画『野性の息吹き』は未見。とても観たいと熱望しているのは、主役がアンナ・マニャーニとアンソニー・クインであること。また、音楽がディミトリ・ティオムキンであることも大きな理由。ジョージ・キューカー作品で観たものは15作品くらいながら相性はとても良いので嬉しい。どうしても観たい作品がまだまだ。その中の一つ。でも、バーブラ・ストライザンドの歌う動画の中で少し観れた(アンソニー・クインは映っていない)。なので、さらにDVD化の熱望を♪

David Bowie - Wild Is The Wind

Nina Simone - Wild Is The Wind



Barbra Streisand - Wild Is The Wind


[PR]
by bowieworld | 2009-06-06 10:25 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『スペース・オディティ SPACE ODDITY』 (1969年)

f0004532_60493.jpg

★1969年にリリースされた『スペース・オディティ SPACE ODDITY』はボウイの初のヒット曲であり、代表曲かつ名曲の一つ。ボウイは映像を60年代から製作しているお方。短編映画のようなビデオクリップとも云える素晴らしいもの。メロトロンとピアノでリック・ウェイクマンが参加!下の画像は、フィルム『LOVE YOU TILL TUESDAY』に収録の「スペース・オディティ」オリジナル・ビデオ。上のお写真は、ボウイとお母様、そしてアンジー・ボウイ(1970年3月20日の婚姻届を出された日のものだそうです)♪

David Bowie- Space Oddity Original Video (1969)

[PR]
by bowieworld | 2009-05-20 05:55 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『LONDON BOY ロンドン・ボーイ』

f0004532_6422585.jpg

1 Space Oddity (Original Version)
2 Did You Ever Have A Dream
3 There Is A Happy Land
4 Rubber Band
5 Let Me Sleep Beside You
6 Maid Of Bond Street
7 We Are Hungry Men
8 When I Live My Dream
9 Karma Man
10 The Laughing Gnome
11 She's Got Medals
12 Little Bombardier
13 Please Mr. Gravedigger
14 The Gospel According To Tony Day
15 Sell Me A Coat
16 Join The Gang
17 Love You Till Tuesday
18 The London Boys

f0004532_638386.jpg

★このアルバム『LONDON BOY』は、ボウイの10代から20代初頭の音源集(1966年から1969年の18曲)。1曲目の『スペース・オディティ』はオリジナル・ヴァージョンです。メロトロンとピアノでリック・ウェイクマンが参加しています。”デビッド・ボウイ”と名乗るようになってからの楽曲たちです。それ以前は本名のデイヴィー・ジョーンズとしてモッズ・バンドを組んで活動していた時期も。それにしてもボウイは美しいです!美少年から美青年、そして美中年(美老人となられるのでしょうね)...ただの美形ロッカーではない。けっして!ただただ、”デヴィッド・ボウイ”という軌跡に慄くばかり♪
[PR]
by bowieworld | 2009-05-17 23:59 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

永遠のロック名曲★『ジギー・スターダスト(ZIGGY STARDUST)』

f0004532_543231.jpg

★デヴィッド・ボウイと名を耳にされ、直ぐに浮かぶ曲というと、やはり『ジギー・スターダスト(ZIGGY STARDUST)』 だと思う。多くの方がカバーされてもいるのだろうけれど、やはりボウイのオリジナルを♪

David Bowie - Ziggy Stardust - Hammersmith 1973


David Bowie - Ziggy Stardust - Dunstable 1972

[PR]
by bowieworld | 2009-05-15 23:59 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『THE 1980 FLOOR SHOW』

f0004532_232010.jpg

★『THE 1980 FLOOR SHOW』(1973年10月18~20日)の映像の国内DVD化を熱望している!この映像には思い出深いものがある。ボウイが動いているお姿を観たい為に、音楽雑誌の後ろの方に載っていた通販のお店でいくつか購入したビデオの最初はボウイのもの。今ではこうしてYouTubeで観れる。この画質も決して良くないけれど、私の手元に届いたものはもっと画質の酷いものだった。けれど、それでも感激した!後からもっと長いヴァージョンのものも観る機会に恵まれガクンとなった。お値段も学生の身の私には安いものではなかった。でも、こうした浪費も今の私の糧となっていると思えば後悔はしない。この『THE 1980 FLOOR SHOW』の中には素敵なゲスト・アーティストがいっぱい。カルメンを知ったのもこの映像でだし、大好きなマリアンヌ・フェイスフルとボウイのデュエットも聴ける。ミック・ロンソンやマイク・ガーソンもいるし、コーラスも素敵!『THE 1980 FLOOR SHOW』の中で、ボウイのシーンだと「TIME」と「1984/DODO」が印象強く焼きついている。初めて「DODO」(ボウイのオリジナル・アルバムには未収録)を聴いたのもこの映像でだった♪

David Bowie - Time - The 1980 Floor Show


David Bowie - 1984/DODO - The 1980 Floor Show

[PR]
by bowieworld | 2009-05-12 02:36 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『HEROES ヒーローズ(英雄夢語り)』 ボウイ&イーノによる大名曲♪

f0004532_12363665.jpg

★ボウイの1977年アルバム『HEROES ヒーローズ』よりシングル・カットもされたタイトル曲で、邦題は『ヒーローズ(英雄夢語り)』。B面は『V-2 SCHNEIDER』。その他、ドイツ語ヴァージョンやフランス語ヴァージョンも発売されている。この『ヒーローズ』はボウイとイーノによる共作であり何度聴いても素晴らしい力を持った曲。力を持つといっても内なる力という感じがまたいい。プロデュースはボウイとトニー・ヴィスコンティ。リードギターはロバート・フリップ、リズムギターはカルロス・アロマー、ベースはジョージ・マーレー、ドラムはデニス・ディヴィス、シンセサイザーはブライアン・イーノ、そしてボウイがヴォーカル、ギター、サックス、キーボード。このビデオクリップも大好きなもの。『ヒーローズ』は多くの方にカバーされているけれど、2000年のキング・クリムゾンのライヴでも聴けたと友人は喜んでいた。私はまだそのクリムゾンのカバーは未聴なのでいつか聴いてみたい♪

David Bowie - Heroes


David Bowie - Heroes Live in London 1978

※此方はデヴィッド・ヘミングスによるドキュメンタリー用だそうです♪
[PR]
by bowieworld | 2009-05-05 14:04 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

シングル『ASHES TO ASHES』のボウイ3変化♪

f0004532_11364331.jpg

f0004532_11112657.jpg

f0004532_1134443.jpg
f0004532_1135620.jpg

★1980年の7インチ・シングル『ASHES TO ASHES』は3種類発売された。B面は『MOVE ON』。私は一番下のものが最もお気に入り。一つ目のものが最もこれまで見た回数が多いもの(当店に入荷した限りのものだけれど)。12インチはB面が『ALABAMA SONG』(ブレヒト=ヴァイル)♪

※昨夜遅くに忌野清志郎さんの訃報を知りました。私の弟や友人が悲しんでいる姿を想い心痛な思いでいました。今日の記事はちょっと手抜きで申し訳ございません。清志郎さんのご冥福をお祈りしています。
[PR]
by bowieworld | 2009-05-03 10:41 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

「SOUL TRAIN」に初めて出演した白人アーティストはボウイ♪

f0004532_11512634.jpg

★ボウイはアメリカのTV番組『SOUL TRAIN ソウル・トレイン』(1971年~2006年)に、初めて出演した白人アーティスト。私はこの番組が日本で放送されていた時を知らなくて残念。でも友人たちからそのことを教えて頂き、今ではそのボウイ出演時の1976年の映像が観れるという時代。”プラスティック・ソウル”と呼ばれる世界を表現していた頃。『FAME フェイム』(ジョン・レノンと共演)は全米1位を記録。この頃のボウイはアメリカ生活で心身ともにボロボロ状態で、そしてヨーロッパへと回帰してゆくのだけれど。健康状態の良くないさらに痩せこけたボウイながらも美しい!

david bowie - 1976 Soul Train - Golden Years

[PR]
by bowieworld | 2009-05-01 11:48 | 素晴しきアルバム・楽曲たち