<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マリアンヌ・フェイスフル:MARIANNE FAITHFULL 『Love in a mist』 1967年

60年代のロンドンというと、MOD(モッズ)、スウィンギング・ロンドンなリズムとファッションが浮かぶ。当時を知らないが故の憧れのようなものを抱いてしまう。ボウイも60年代はDECCA(デッカ)に所属していた。同じ時期のお兄さんバンドのような存在でもあったローリング・ストーンズとはその頃から交流が始まる。マリアンヌ・フェイスフルもこの1967年作品(4thアルバム)まではデッカに所属。現在60歳を超えたこれらの方々がまだお若い10代~20代の頃☆その交流を想うとさらに華やかしきロンドンに思える♪
f0004532_013910.jpg
              ♥1967年UK・DECCA盤
f0004532_0132644.jpg
             ♥1988年ドイツ・LONDON盤

マリアンヌ・フェイスフルのレコードを初めて買ったのは『ブロークン・イングリッシュ』。あのブルーのクールなジャケットに一目惚れ♪その中にも大好きなジョン・レノンのカバーが入っていて嬉しかった。少し経って購入した60年代のベスト盤の可憐なルックスと歌声(高目のお声も出ていた頃)にもすっかり魅了されてしまい、ジャケットが違えば見つけると買う対象のアーティストになっていた。DECCA盤LPはロンドンで少し高めだったけれどネクタイにプレスリーがいたり、笑う表情が可愛いので躊躇せず購入した(上の画像はCD化されたものより)。下のドイツ盤CDは1988年の発売当時に購入。なので、CDを先に買ったことになるのだなぁ。私にしては珍しいケースだけれど古い作品で状態も良いとなると安価ではあまり巡り合えないものなので。このアルバムでも、レノン=マッカートニーの「イエスタディ」を始め、ドノヴァン、ジャッキー・デシャノン、ティム・ハーディン、ボブ・リンド...といった楽曲を取り上げている。また、前作『妖精の歌』にも収録されていた「貝がら」はフランス語ヴァージョンで今作では収録。また「行かないで」と題された曲、ドイツ盤には(BREL)とあるのだけれど、1959年のかのジャック・ブレルの「行かないで」ではなく、ジャック・ドゥミ=ミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」のカバー。曲も歌詞も全く違うのだけれど、当時のロンドンではスコット・ウォーカーがブレルの大ファンでカバーしていたり、サンディ・ショウ(ブレルの「行かないで」の楽曲を初めて知ったのはサンディ・ショウだった)やニーナ・シモンもカバーしていた時代。「シェルブールの雨傘」の歌詞にもNe me quitte pasとあるのでこのタイトルとなったのだろうか...その辺りの経緯はよく分からない。

前年の1966年にはジャン=リュック・ゴダールの『メイド・イン・USA』で映画デビューも果たしている。でも、この後、妖精のような可憐なマリアンヌ・フェイスフルはスキャンダルの女王となってゆく。そして、今日のアーティスト!マリアンヌ・フェイスフルが毅然と在るに至るまでには約20年の苦しい時期を経てのこと。今生きているこれらのアーティスト達、ボウイもそうだけれど、死んでいてもおかしくないはないという滅茶苦茶なドラッグやアルコールなどなどの生活。そのような死によって伝説化され時代のシンボルとして刻まれる(忘れ去られる場合もあるけれど)。でも、ボウイもストーンズもマリアンヌ・フェイスフルも...嘗てのヒット曲ばかりを歌うアーティストには未だになってはいない!40年以上の歩み。その存在証明のような軌跡を想像すると壮絶すぎる☆それも宿命でもあるのだろう。

※10代の頃(初期の60年代辺り)のマリアンヌ・フェイスフルについての想いや好きな作品などについては、「クララの森・少女愛惜」にて。それ以降の作品などについては「音楽と映画の宝石箱」の方でも(ゆっくりですが)作品や素晴らしいヴォーカルについて追記してゆきたいと想っています♪
[PR]
by bowieworld | 2007-10-04 00:12 | 盟友・旧友・関連アーティスト

『ジギー・スターダスト』より先に聴いた『ピーターと狼』

中古盤の在庫の整理も片付かないうえ、映画関連もかなり扱うようになったものでますます新譜(国内盤の)情報に疎くなり、さらに民放をほとんど観ないのでCMソングとか滅法疎い。元ブランキー・ジェット・シティの方がボウイの『Rebel Rebel』をカバーしていた曲が流れていたそうだ。リアルプレイヤーで聴けるサイトを教えて貰って(少しだったけれど)聴くことができた。ブランキーの人達がボウイ・ファンというのも友人に教えて頂いたことだった。イエロー・モンキーを私に薦めてくれた古い友人にも感謝している。カッコイイ!し伝わるものがある。ボウイもそうだけれど、カッコイイ!という反意語のように微妙なバランスでカッコ悪い!とも為りかねない。そこが魅力にも思える。嫌い、苦手な方々も多いと思う。好きな人達が好きでそれでいいと思う。色んな音楽があるのだから。以前、渚十吾さんとニコ(NICO)のお話をさせて頂いた折。ちょうどその少し前にマリアンヌ・フェイスフルがニコを歌った曲、そして、そのインタビューの中で「ニコは妥当な評価を受けずにいた」というようなお話があったので、その事等をお話ししていたところ、「こうして、ニコを好きな人達が評価しているからいいんじゃないのかなぁ。」とあの温厚な語りの言葉を忘れない。

f0004532_2312099.jpg
           この画像は1975年のUS盤です。

『ダイアモンドの犬』を入手出来てもまだ『ジギー・スターダスト』が見つからずにいた頃。先に買ったボウイのLPはクラシックの『ピーターと狼 青少年のための管弦楽入門』だった。ミドリ電化のお兄さんのお薦めだった。この作品は今だと好きだけれど、早く『ジギー・スターダスト』のLPが欲しくて仕方がなかった。当時、唯一のボウイ・ファンの友人が先に購入し、絶賛しているのでますます聴きたい!という気持ちは高まるのだった。その折も、『ヒーローズ』を買おうかと思っていたのだけれど、お小遣いで日本盤2枚は無理だった。現在、このアルバムのCDも再発されているけれど、レコードのジャケットが好きなのでそれでいいと思い買っていない。オーマンディ=フィラデルフィアによる1970年代(1975年録音)の名盤と謳われるプロコフィエフの「第5」と「ピーターと狼」。華麗なソリストたちがバックに揃い、ボウイは楽しそうに巧みにストーリー・テラーを演じているよう。元々、演劇畑のお方でもあるので、このようなナレーション(語りは全てボウイ!)も独特の雰囲気。

こういう経歴もあり役者でもあるので、どうしても”ロック”の王道から逸れた変わったロックスターとして映ることにもなっているのだろう。私はそんなボウイだから好きなのだと思う☆
[PR]
by bowieworld | 2007-10-01 23:35 | ボウイに付随する私的な想い