<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

FILMOGRAPHY (映画・テレビ・舞台)

f0004532_762614.jpg
《出演作品》
『ポール・マッカートニー/THE LOVE WE MAKE ~9.11 からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡』 (2011) 『ライフ・ドア 黄昏のウォール街』 (2008)
『プレステージ』 The Prestige (2006)
『アーサーとミニモイの不思議な国』 Arthur et les Minimoys (2006) *声の出演
『グラストンベリー』 Glastonbury  (2006)
『エキストラ2:スターに近づけ!』 EXTRAS (2006) *ゲスト出演
『ノミ・ソング』 THE NOMI SONG (2003)
『デヴィッド・ボウイ 全歴史~虚構からの脱却~』 STUDIO PORTRAITS DAVID BOWIE: SOUND AND VISION (2002)
『ズーランダー』 Zoolander (2001)
『天使といた夏』 MR. RICE'S SECRET (2000)

『ザ・ハンガー プレミアム Ⅰ&Ⅱ』 The Hunger Premium (1999)
『ルー・リード ロックンロール・マイハート』 LOU REED: ROCK AND ROLL HEART (1998)
『エヴリバディ・ラブズ・サンシャイン』 Everybody Loves Sunshine (1998)
『バスキア』 Basquiat (1996)
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』 Twin Peaks: Fire Walk with Me (1992)
『ニューヨーク恋泥棒』 The Linguini Incident (1991)

『ローリング・ストーン ロック20年史』 ROLLING STONE YEARS Of ROCK'N ROLL (1989)
『イマジン ジョン・レノン』 IMAGINE: JOHN LENNON (1988)
『最後の誘惑』 The Last Temptation of Christ (1988)
『メイキング・オブ・ラビリンス』 Inside The Labyrinth (1986)
『ラビリンス 魔王の迷宮』 Labyrinth (1986)
『ビギナーズ』 Absolute Beginners (1986)
『眠れぬ夜のために』 Into the Night (1984)
『戦場のメリークリスマス』 Merry Christmas Mr. Lawrence (1983)
『チーチ&チョン/イエローパイレーツ』 Yellowbeard (1983)
*カメオ出演
『ハンガー』 The Hunger (1983)
『ブレヒト:バール』 Baal (1982) 英国BBCテレビ
『クリスチーネ・F』 Christiane F. (1981)
『エレファント・マン』 The Elephant Man (1980~1981) 
★ブロードウェイでロングラン公演を記録し大絶賛されたもの。映像化して頂けないものかと熱望しているものの一つです。嘗てMTVでほんの一瞬だけ観たことがあります。パントマイムの素養を生かしたもので、ジョン・メリック役をメイク無しで、全身の動きと表情のみで奇形さを表現された、大変、素晴らしいものだそうです。大島渚監督も観に行かれたそうです。

『ジャスト・ア・ジゴロ』 Schöner Gigolo, armer Gigolo (1978)
『地球に落ちて来た男』 The Man Who Fell to Earth (1976)
『ジギー・スターダスト』 ZIGGY STARDUST and THE SPIDERS FROM MARS (1973)

『ラヴ・ユー・ティル・チューズデイ』 Love You Till Tuesday (1969)
『イメージ』 The Image (1966)

★未公開作品は沢山あるので観たいです!主に日本登場したものを挙げています。役者ボウイとしての活動も今後もとても楽しみです。新しい作品公開などは追記してゆきます♪

[PR]
by bowieworld | 2007-12-28 07:18 | フィルモグラフィー

DISCOGRAPHY (編集盤・ライヴ盤・サントラ)

f0004532_19395223.jpg
《ベスト・編集盤》
『魅せられし変容 ベスト・オブ・デビッド・ボウイ』 ChangesOneBowie (1976年)
『美しき魂の告白』 ChangesTwoBowie (1980年)
『サウンド+ヴィジョン』 Sound+Vision BOX SET (1989年)
『チェンジスボウイ』 ChengesBowie (1990年)
『ザ・シングルス・コレクション』 The Singles Collection (1993年)
『THE DERAM ANTHOLOGY』 (1997年)
『CLUB BOWIE』 (2003年)

★編集盤は数多く世界中で発売されているので、主に国内盤を中心に挙げています。聴いていない編集盤もあるので、新しい発見があればまた追記したいと思います。

《ライヴ・アルバム》
『デビッド・ボウイ・ライブ』 David Live (1974年)
『ステージ』 Stage (1978年)
『ジギー・スターダスト・モーションピクチャー』 ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURE (1983年)
★伝説のジギー最終公演(ハマースミス・オデオン)を収録したライヴがようやく!映像も公開され涙しました。楽屋にはルー・リードがおり、1973年に一夜にしてこの名前が知れ渡ることになります。美しいです!なにか☆
『ティン・マシーン・ライヴ OY VEY,BABY』 TIN MACHINE Live OY VEY,BABY (1992年)
『SANTA MONICA '72』 (1994年)
『RarestOneBowie』 (1995年)
★「サンタモニカ1972年」と「RarestOneBowie」はメインマン(Golden Years)よりの発売。ボウイの許可を得ていない作品(ブートレグ)を多発していた。嘗てはそれらの音質の悪いものも買っていた時期があります。残しているものもあるので、またそれらの追記もしたいと思います。
『ボウイ・アット・ザ・ビーブ』 BOWIE AT THE BEEB:The Best Of The BBC Radio Sessions 68-72 (2000年)

《サウンドトラック》
『ジャスト・ア・ジゴロ』 Just A Gigolo (1978年)
『クリスチーネ・F』 Christiane F. (1981年)
『DAVID BOWIE in BERTOLT BRECHT'S BAAL』 (1982年)
『ビギナーズ』 Absolute Beginners (1986年)
『ラビリンス 魔王の迷宮』 Labyrinth (1986年)

★その他、『コードネームはファルコン』の主題歌『ディス・イズ・ノット・アメリカ』(1985年、パット・メセニーと共演。”デヴィッドはロック界のソニー・ロリンズだ”と讃美したと思う...(記憶が曖昧です)。また、アニメーション映画『風が吹くとき』(1986年)の同名主題歌も素晴らしい曲♪映画の中で使用されているボウイの楽曲は数知れず!フランスのレオス・カラックス監督、デンマークのラース・フォン・トリアー監督の作品には度々使われています。他にも、何気に観ていてボウイの曲が流れると、それだけで満足してしまうこともよくあります(『チャーリーズ・エンジェル』もそうでした)。
[PR]
by bowieworld | 2007-12-27 19:22 | ディスコグラフィー

DISCOGRAPHY (オリジナル・アルバム)

f0004532_557534.jpg
《デヴィッド少年・モッズ時代》~《デヴィッド・ボウイ》としてデビュー!
今なお健在のスーパースター!還暦を迎えても美しい☆

DAVIE JONES with THE KING BEES 1964年 
ハイスクール時代の17歳

THE MANISH BOYS 1965年 
18歳

DAVY JONES and THE LOWER THIRD 1965年~1966年 
18歳~19歳

《デヴィッド・ボウイ:DAVID BOWIE》と改名!
1966年4月1日  英国PYE 7”シングル『Do Anything You Say』
1966年8月19日 英国PYE 7”シングル『I Dig Everything』
1966年12月2日 英国DERAM 7”シングル『Rubber Band』
1967年4月14日 英国DERAM 7”シングル『The Laughing Gnome』

★そして、ボウイ20歳。遂に!1stアルバムの発売となるが、売れなかった...。DERAMは惜しいことをしましたので、後にジャケットと収録曲の伴わない編集盤を出して儲ける。

『デヴィッド・ボウイ』 David Bowie (1967年)
『スペイス・オディティ』 Space Oddity (1969年)
*英国原題は『David Bowie』なので、同名タイトルが続く。
『世界を売った男』 The Man Who Sold The World (1971年)
『ハンキー・ドリー』 Hunky Dory (1971年)
『ジギー・スターダスト』 The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (1972年)
『アラジン・セイン』 Aladdin Sane (1973年)
『ピンナップス』 Pin Ups (1973年)
『ダイアモンドの犬』 Diamond Dogs (1974年)
『ヤング・アメリカン』 Young Americans (1975年)
『ステイション・トゥ・ステイション』 Station to Station (1976年)
『ロウ』 Low (1977年)
『ヒーローズ 英雄夢語り』 Heroes (1977年)
『ロジャー 間借人』 Lodger (1979年)
『スケアリー・モンスターズ』 Scary Monsters (1980年)
『レッツ・ダンス』 Let's Dance (1983年)
『トゥナイト』 Tonight (1984年)
『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』 Never Let Me Down (1987年)

★《ティン・マシーン:TIN MACHINE》としての活動期。
来日公演も素晴らしかったです!
『ティン・マシーン』 Tin Machine (1989年) 
『ティン・マシーンⅡ』 Tin Machine Ⅱ (1991年) 

『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』 Black Tie White Noise (1993年)
『郊外のブッダ』 The Buddha Of Suburbia (1993年)
『アウトサイド』 1.Outside (1995年)
『アースリング』 Earthling (1997年)
『アワーズ…』 'Hours...'  (1999年)
『ヒーザン』 Heathen (2002年)
『リアリティ』 Reality (2003年)

★凄いです!大きなブランクもなく叩かれた時期の作品すら高水準作品ばかり。1975年~1976年辺りはアメリカ生活でボロボロの状態となり、ヨーロッパに回帰し1977年~1979年まではベルリンでの生活・音楽活動となります。イギー・ポップもやって来ます。ブライアン・イーノ、ロバート・フリップの参加。所謂”ベルリン三部作”時代です。1980年以降、少しオリジナル・アルバムが途絶えますが、それはジョン・レノンの暗殺という大事件があり、敬愛していたボウイなのでかなりの衝撃だったと想われます。2003年の『リアリティ』の発売、絶賛されたワールド・ツアーの終盤に大病をされました。が!ライヴや映画出演と不死鳥の如く復活され今なお健在なり!ロックの殉教者のようです。それは、きっとボウイが天から与えられた使命なのかもしれません。故に、カリスマだと言えるのです。カッコイイ~!


※(ベスト盤・ライブ盤・ライヴ盤を続けます♪)
[PR]
by bowieworld | 2007-12-27 04:34 | ディスコグラフィー

映画『クリスチーネ・F』とサウンドトラック

f0004532_4311112.jpg
f0004532_5191946.jpg
1981年の西ドイツ映画『クリスチーネ・F』にボウイは本人役として出演し、劇中『Station To Station』を歌うライヴ・シーンで登場。とっても、カッコイイ!!(いつもながら♪)この映画のために、ボウイ自ら写真など資料を提供している。実在のクリスチーネ・F(当時は未成年だったので)こと、クリスチアーネ・ヴェラ・フェルシェリノヴの手記『かなしみのクリスチアーネ』、あるいは『われらツォー駅の子供たち(われら動物園駅の子供たち)』を、ウルリッヒ・エデル監督が映画化したもので日本公開は1982年。映画の中でクリスチーネに扮する少女ナーチャ・ブルンクホルストのことなどを『クララの森・少女愛惜』にて思いつくままに綴ってみた。『ボウイ館』ではそのサントラ盤の内容を記しておこうと想う。※映画の音楽担当は、ボウイの9曲の楽曲とユルゲン・クニーパによるもの。
f0004532_393789.jpg
(ドイツ盤)『Christiane F. WIR KINDER VOM BAHNHOF ZOO』
1. V-2 Schneider
2. Tvc 15
3. Heroes / Helden
4. Boys Keep Swinging
5. Sense Of Doubt
6. Station To Station
7. Look Back In Anger
8. Stay
9. Warszawa

(CD化された日本盤) 『クリスチーネ・F O.S.T.』
1. V-2 シュナイダー
2. TVC15
3. ヒーローズ(ドイツ語ヴァージョン)
4. ボーイズ・キープ・スウィンギング
5. 疑惑
6. ステーション・トゥ・ステーション
7. ルック・バック・イン・アンガー
8. ステイ
9. ワルシャワ

私はCDは買っていなくて、日本盤LPは下記のような表示となっている。
《SIDE 1》
1.V-2 シュナイダー
2.TVC-15 (ワン・ファイブ)
3.ヒーローズ(英雄夢語り)
4.ボーイズ・キープ・スインギング
5.疑惑
《SIDE 2》
1.ステイション・トゥ・ステイション
2.怒りをこめてふり返れ
3.ステイ
4.ワルシャワの幻想

※このサントラの中の『ステーション・トゥ・ステーション』はアルバム『ステージ』に収録のものながら、劇中のライヴ・シーンは映画のためにボウイが出演したもの。また、大名曲!『ヒーローズ』をこの中では英語歌詞~ドイツ語歌詞へと続けて歌われるものを収録。この曲の持つイメージに映画『クリスチーネ・F』はとても似合ってしまうので不思議。さらに、全フランス語ヴァージョンで歌われた『ヒーローズ』もある。私はドイツ語ヴァージョンの方がとても好き♪こんな感じで”ベルリン三部作”時代の楽曲からの構成。

f0004532_4315127.jpg
      ♥ボウイを見つめる夢見る少女たちの表情が可愛い♪

★この赤いジャケットが綺麗な色でお似合い。首が細くて長いボウイなので襟を立ててカッコイイ~♪少し似た色合いのジャケットを見つけたので購入して偶に着ていた頃がある。似合いもしなかったのだけれど、若気の至りで真似てみたりしていたのだ。母に”襟をちゃんとして行きなさい~。”などと言われてガクリとしたものだ。ああ、懐かしい想い出♪

※一番下のお写真は映画『クリスチーネ・F』の場面ではありません。オフショットでしょうか...どんなお話をしているのだろう。ポ~っと眺める少女たちの愛らしい表情を眺め、共鳴し喜んでしまいます☆
[PR]
by bowieworld | 2007-12-24 03:07 | 映画・役者としてのボウイ