<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アンディ・ウォーホル役のボウイ  『バスキア』にて

f0004532_20112677.jpg
♥ジェフリー・ライト~ボウイ様~ゲイリー・オールドマン~デニス・ホッパー!

映画『バスキア』の公開からもう10年以上経っているのだと今日気がついたところ。あのワクワクしながら劇場で観ていた日はついこの前のようなのに。ボウイのアイドルでもあるアンディ・ウォーホルに扮するお話は公開前から話題になっていた。ウォーホルが実際に着用していたカツラやサングラスやジャケットをボウイが嬉しそうに着用して成り切っている。肌の感じは特殊メイクの効果もバッチリ。実在した人物を演じるのは『エレファント・マン』(ブロードウェイ)のジョン・メリック役以来のこと。購入したパンフレットを久しぶりに眺めていた。どこに書いてあったことか...という事が多々あるのだけれど一つ判明した。少しドキリ!とするお話だけれど。

『エレファント・マン』のオープニングの出席客にウォーホルも含まれている。後に判明したのは、ジョン・レノン殺害犯マーク・チャップマンも、レノン暗殺がうまくいかなかったときに時間つぶしに『エレファント・マン』を観劇していた事実である。楽屋口でチャップマンはボウイに接近しようとさえしている。チャップマンの気が変っていたら?ちょっとぞっとする話だ。

f0004532_20153127.jpg
ボウイはご自分でも絵を描かれ、絵のコレクションもされているのだけれど、バスキアの作品も何点かお持ちだそうだ。上のお話は滝本誠氏によるもので、とてもドキリとする。でも、ボウイの愛らしいお話もある。

”これを見てくれ”とサイフ入れ(これが古びてどうってことがないサイフであることに妙に感動した)から、端の方が折れまくった写真を出して見せてくれたのが、ウォーホル・メイクの自分の写真だった。ウォーホル役をとても楽しんだと語ってくれた。

なんだか、私の携帯の待ちうけ画面のボウイ様を眺めてはニヤリとする感覚と少し似ているようで嬉しいお話。こういうボウイがまた好きなのでもある(嫌いなところは探そうとはしないのだけれど)。アイドルであるウォーホルを楽しく演じていたボウイは観ていても伝わってくる。

「彼は描いている時が、一番幸せだった」とシュナーベルがバスキアについて語っている。表現が尊敬され、愛されている時、そこに住む人々は幸福といえる。デヴィッド・ボウイの、身体的にも精神的にも窺えるアンディ・ウォーホルの演技にも暖かな心を感じた。そういう意味で、ほんの10年ほど前だが、バスキアの生きていた頃は、予期せぬ惨劇がいつでも幸せの隣にあったようだ。ウォーホルの死が、バスキアにとってそうだったように。- 村上龍
[PR]
by bowieworld | 2008-04-30 20:35 | 映画・役者としてのボウイ

『ボウイのように』 歌:イザベル・アジャーニ 作詞・作曲:セルジュ・ゲンスブール

f0004532_10365951.jpg
f0004532_10354457.jpg
1983年のイザベル・アジャーニのセルジュ・ゲンスブール(お世話になっている永瀧達治さんに倣い、私はセルジュのカタカナ表記はこれに統一している)によるプロデュース作品。アルバムの中では『マリン・ブルーの瞳』が一等好き。ジェーン・バーキンもこの曲を歌いたかった程。でも、ここは『ボウイ館』、なので『ボウイのように』を。私のニックネームはこのアルバムやセルジュと係わりが大きい。この頃のアジャーニはウォーレン・ビーティとの恋の噂もあった頃。アジャーニの映画のお話はまた『BRIGITTE』内のコンテンツにて追々に。セルジュはご自分のルックスにコンプレックスを持たれていたそうだ。あの大きな耳が嫌だったのだろうか。私はとりわけ70年代のセルジュの風貌や雰囲気がたまらなく好きだしカッコイイ!と想う。セルジュのお話も限りなく続く♪ふとボウイのことを考えていて語呂合わせ、韻を踏んだセルジュお得意の言葉遊びから作られた曲なのだろう。流石に審美眼の長けているセルジュ!ボウイとセルジュ、オスカー・ワイルドとドリアン・グレイ...正しく”ボウイのように美しい”私の好きな世界☆
f0004532_10361240.jpg

 ボウイのように(Beau oui comme Bowie)
  Isabelle Adjani/Serge Gainsbourg

  女性の形をした男性 軽く罅が入り
  少し猫的すぎる あなたは自分が何者か知っている
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように

  少しオスカー・ワイルド風 少しドリアン・グレイ
  少し冷たい輝きと 氷のような雰囲気
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように

  肉体と 姿の間にある差は 
  音楽のよう 充分に躊躇わされる
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように

  あなたが持っている物は すべて、わたしが嫌いな物
  あなたは充分すぎるほど 自分が何者か知っている
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように
  ボウイのように綺麗 綺麗 ウィ、ボウイのように
  
f0004532_10363144.jpg

(伝言)
私はボウイ研究家ではありません、全く不勉強なのです。でもずっと大好き!『ボウイ館』に訪れてくださる皆様、いつもありがとうございます!熱狂的なファンの先輩方から教えて頂くこともいっぱいです。最近、”デヴィッド・ボウイが好き!”あるいは”懐かしい~!嘗ては好きでした”というお方も多いと思います。気取ったサイトでは御座いませんので、どうぞお気軽にコメント(お喋り)やTB(出来ればコメントも一緒にお願い致します)にお越しくださいね♪そして、私は所謂ブロガーではなく、ささやかな本業(Velvet Moon)があります。なので、頂いたコメントへのお返事が遅れる場合も御座いますがご了承ください。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します♪
[PR]
by bowieworld | 2008-04-19 10:47 | 盟友・旧友・関連アーティスト

英国の頭脳集結☆

f0004532_1824585.jpg
   ♥左から、ブライアン・イーノ~ロバート・フリップ~ボウイさま☆

ボウイの第二期黄金時代。1977年のベルリン三部作の第二弾!名作『ヒーローズ』でこの三人が集結し製作された。イーノはロキシー・ミュージックに在籍していたので、ロキシーはボウイの前座として注目を得たのだから、ボウイとイーノも旧友。ボウイはクラフトワークの大ファンなので、ヨーロッパ公演の最前列にボウイ御一行様がズラリと並んでいたというニュースを読んだことがある。その中にイーノもいた。ボウイがアメリカ生活でドラッグ漬けでボロボロになっていた時、ヨーロッパに回帰することを勧めたのはイーノだったと、後にボウイは語っていた。あのままでは死んでいたかもしれないと想うくらいに精神的にもボロボロだったとされている。

ロバート・フリップと言えばキング・クリムゾン!ビートルズの『アビー・ロード』を首位から蹴落としたとしても有名な『クリムゾン・キングの宮殿』1969年。当店主から幾度と聞かされてきた、このクリムゾンの衝撃!小学生でクリムゾンを聴いていた少年なのだ...私は少女漫画の日々以前の頃なので、かなり後追い。嘗て、梅田の紀伊国屋書店の奥にはレコード・コーナーがあった。高校生の時に”特価コーナー”の箱の一番前にこのアルバムがあった。インパクト大きくてとっても気になったけれど、ちょっと怖い気がして買わなかった。それから数年後結局購入することになり驚愕した!”何なのだろう!!”という感覚。そんな新鮮な刺激を受けながら、徐々に免疫も付き、今では余程の音楽でないと驚かない人間になってしまったよう。

”プログレ”というジャンルに何か抵抗があった。80年代のNew Wave育ちな者の安易な先入観だったと想う。でも、私はエレクトロなプログレ(クラフトワークやタンジェリン・ドリーム等)や、レコメン系の音楽は好きだった。それらの音を当時は”プログレ”とされていたのも承知ながら、New Wave的に聴いていたように想う。ブリジット・フォンテーヌもダグマー・クラウゼもそんな感じで聴いていた。ちょっと最近身近の友人たちに私が”オタク気質”だと直球で指摘されて戸惑っている。”オタク”の概念が今ひとつ分かっていないのと、自分でそのように想ったことは一度もなかったので。でも、親しい人たちが仰るのだからそういうところもあるのだろうなあ~と最近は想うようになっている。私のこれらの長年の偏愛に共鳴してくださるお方が、”偏愛の花園 BRIGITTE”としてご自分のブログで紹介とリンクもしてくださった。とても勇気付けられ、このまま生きてゆこう!と想えるようになれた。高校生の時、あるクラスメイトに”ボウイ隠密”と呼ばれていたのを思い出した...ああ、懐かしい♪

この英国ロックが誇る屈指の頭脳の集結!イーノ&フリップの作品、ボウイ&イーノの作品、ボウイ&イギーの作品、ボウイ&イーノ&フリップの作品...と絡まりあう中で名作が生まれていった。エイドリアン・ブリューも拘わってくるし、フィリップ・グラスとも。凄い!!

今も思いつくままにつべこべと綴っているけれど、何が最も言いたいのかというと、上の英国頭脳三人衆のお写真が好きなこと。残念ながらお若い頃から頭髪の薄いイーノのお顔は実は美形(ああ、惜しい!)、フリップは『スケアリー・モンスターズ』(ピート・タウンゼントも参加)でも脅威のギターがボウイの世界をさらに引き立てているようでカッコイイ!しかし、しかし、ボウイが素敵すぎ☆ボウイはグラムロック時代からラメ入りや光沢のある派手なお洋服を肌に直接着ることは多く、あの白く薄っぺらの肌に。そして胸元を開けていることも多く、そうすると長く美しい首筋までのラインの美しさに目がゆく。ボウイにすれば何気ないポーズでもキマリ過ぎ!ピアノの鍵盤に座り両手の位置、この脚のくねり。おまけに前髪の美しい崩れ具合!ああ☆見事なまでに美しい!(これがこの記事の本意)☆

※クラフトワークのオリジナル・メンバーであり、NEU!(ノイ!)の創設メンバー、ラ・デュッセルドルフを経て、ラ・ノイ!でも活動されていたクラウス・ディンガーが4/2(発表)お亡くなりになった。享年61歳(ボウイと同い年)だった。と友人が翌日知らせてくださった。ご冥福をお祈りしています。

(追記)
☆ある友人が読んでくださり伝言を頂いた(ありがとうございます)。”オタク”と”マニアック”はやや違うというようなお話で、私は”マニアック”なのだそうだ。マニアック~偏執狂~偏愛の花園...言葉の持つイメージは人それぞれ異なる。言葉に束縛されずに好きなものたちを信じてゆこう!”変”とか”おかしい”とか、もう慣れているし平気。私の好きな美しきものたちは大いに変だし風変わりとも言えるのだから。共鳴してくださるお方がいる。多くなくてもそれで充分♪
[PR]
by bowieworld | 2008-04-15 19:02 | 盟友・旧友・関連アーティスト

煙草のけむりまで美しい☆

f0004532_8251567.jpg
素敵~!!美しい~♪喫煙者ではない私なのですがよい香りが漂うかのようです。絵になるボウイ。ボウイは何をしてもかっこいいのだけれど、お若い頃のお写真から色々眺めていると、煙草を持ったものが結構多いのでそんな美麗なお姿を☆この頃のライヴは映像でしか観たことがないので、ライブ体験されたお方が羨ましいのです。ボウイの愛用の煙草はマルボロだったと想う。イギー・ポップも同じ。ジム・ジャームッシュの映画『コーヒー&シガレット』の中でトム・ウェイツとの場面が最高に愉しかった。その時もイギーはテーブルにマルボロを置いていた。銘柄なども全く詳しくないのだけれど、何故だかマルボロのイメージはとてもいいみたい。
f0004532_8253117.jpg
これはアルバム『ヒーザン』の頃なので50代のボウイ。やっぱり、カッコイイ!ダンディです。”素敵な紳士さま”といった感じ。ボウイのお顔の皺も素敵だし、私は父の影響からか細目のネクタイが好きなのです♪
f0004532_8254744.jpg
このボウイは70年代のグラムロックの頃ですね。リラックスした感じ。このポーズ!中性的ですね。なよっとしていてスィートです♪
f0004532_826145.jpg
これまた、ホワイト・デューク公の頃のライヴより。煙草のけむりが舞台装置であるようです。ボウイはいつも姿勢が良くてシルエットも美しいのです。褒め称えるばかりの私。ボウイを好きな人が好きでいい!好きでない人がいるのも当然。万人受けするお方ではないのだから☆
[PR]
by bowieworld | 2008-04-10 08:37 | 美麗ボウイ・お気に入りフォト