タグ:イアン・マカロック ( 1 ) タグの人気記事

イアン・マカロック(Ian McCulloch)がボウイに捧げた曲 『Me And David Bowie』 とボウイのカバー曲 『The Prettiest Star』★

f0004532_14291140.jpg
★ボウイの死を世界中の人々が追悼し哀しみを共有している。強靭な精神力と優しいボウイの連鎖。いいな☆しかしながら、ボウイの影響は多岐に渡るので、「ボウイロス」が世界中で広がり今現在も進行中。私自身、やはり複雑な想いなのですが、なんとなくまだポカンとした空虚なものが漂う感じです。比較的、心は平穏であるようなのですが...。そして、もしかしたら復活したりして?!なんて。

デヴィッド・ボウイという存在を知り夢中で音楽(洋楽が主となって)を聴くようになった頃。あの蒼い刻を想起しながら色んなアーティストが浮かびます。80年代は正に思春期で、日増しにニュー・ウェイヴとかポスト・パンクと呼ばれる音楽が大好きになってゆきました。情報が少ないので音楽雑誌とラジオのエアチェックは欠かせないものとなり、次第にテレビ離れし今に至っています。
f0004532_14294620.jpg
ボウイ~ケイト・ブッシュ~ジャパンは私の洋楽開眼に導いてくださった方々です。でも既にキャリアもあり新譜を聴きながらも旧譜も探す旅の始まり。そんな中、なんとか同時代的に生きながら今も好きなアーティスト、殊にボウイから強く影響を受けたお方のお一人にイアン・マカロックを挙げることができます。エコー&ザ・バニーメンのファースト・アルバム『クロコダイルズ』です。セカンド・アルバムの『ヘヴン・アップ・ヒア』もリリースされていたと後から知るのですが、あの耽美的なジャケットに魅せられて。安いアメリカ盤(SIRE)でしたけれど。エコー&ザ・バニーメンのことはまた綴りたいと思います。

そのエコー&ザ・バニーメンのリーダーでヴォーカルのイアン・マカロックの曲「Me And David Bowie」やボウイのカバー曲「The Prettiest Star」を聴いていました。イアン・マカロックは新作が聴けないボウイは病気でもうすぐ亡くなるのかも知れない、との想いで居たそうです。そして「Me And David Bowie」を作ったのですが、2013年に突如『ネクスト・デイ』で大復活を遂げたのでした。マカロックはどんなに嬉しかっただろうか!12歳の時にボウイの「スターマン」を聴いて以来のファンのようです。ボウイの病気を心配し、その想いから曲を作るという感覚は少年時代からのアイドルでありファンゆえのこと。そんなイアン・マカロックが好きです。ヴォーカルも衰えることもない。あの美形なルックスにミスマッチな辛口な発言なども蘇ります。

衰えないヴォーカルです!
Ian McCulloch - "Me and David Bowie"


素晴らしいカバー!!
Ian McCulloch - The Prettiest Star Bowie cover


☆ボウイ、あなたがプリティエスト・スター!☆
David Bowie - The Prettiest Star


★暫く此処『ボウイ館』の更新が出来ずにいたのですが、ボウイを追悼すると共にやはり「ありがとう、ボウイ!」としか思えないので、想いがあふれるばかりですので、出来るだけ頻繁に更新したいと思います。訪れてくださる方々、ご縁に感謝いたします。これからもどうぞ宜しくお願いいたします♪

[PR]
by bowieworld | 2016-01-19 15:55 | ボウイの曲のカバーたち