タグ:スウィンギング・ロンドン ( 5 ) タグの人気記事

ボウイのニックネーム「オスカー」の由来はポール・ニコラスにあり☆

f0004532_1034844.jpg
★ボウイが「シリアス・ムーンライト・ツアー」のワールドツアーの頃(1983年)だったと想う。読んだ雑誌が何かハッキリ想い出せないので大まかに。「デヴィッドのことは普段"オスカー"と呼んでいる」というような記述があった。その由来などは語っていなくて、「60年代に関係しているんだ」というようなもので、ヒントとなるのはその「60年代」だけだった。あまり好きではなかったYouTubeなのだけれど、土下座の想い。色んなことが解けてゆくし想いだされる毎日である。

「オスカー」と聞くと、私はオスカー・ワイルドを直ぐに想起するのだけれど、ボウイとは似ていないし...。オスカー・ワイルドの作品をボウイが読んでいないとは考えられないけれど60年代より遥かに古いお方。さて...?と何気にボウイの動画を観ている時に発見!60年代のバンドであるオスカー(Oscar)を!彼等の1967年の3rdシングル『Over the Wall we go』を書いたのは当時20歳頃のデヴィッド・ボウイなのだった。このオスカーと云われても私にはピンとは来ないけれど、ポール・ニコラス(Paul Nicholas)のバンドであると分かり嬉々とした。ポール・ニコラスというと俳優としての方が馴染みがあるのだけれど、この頃はシンガーとしても人気があったらしい。上の画像のお姿を拝見すると、少しボウイ、少しシド・バレット、より似ているのはジュリアン・コープだろうか...などとミーハーなことも。更新しようと想いながら随分経ってしまいました。

『Over the Wall we go』のオスカー・ヴァージョンとボウイ・ヴァージョンがありましたので ↓ に貼っておきます♪
 
OSCAR Over the wall we go DAVID BOWIE SONG 1967


David Bowie/Over the Wall we go


※何に記されていたか出てきましたら、その箇所を記します。
[PR]
by bowieworld | 2009-12-11 10:00 | 盟友・旧友・関連アーティスト

『PIN UPS』 ボウイがモッズ時代に愛した曲たち

f0004532_22344068.jpg
ボウイの1973年の全曲カバーによるアルバム。ジギー~アラディン・セインの後、ボウイが10代の頃のモッズ時代に大好きだった曲たちから構成されている。私は以前にも書いたけれど、このアルバムはピンク・フロイドを聴くきっかけとなったもの、またその他のお名前は聞いたことがあるけれど...とか、誰だろう?...という状態の10代の頃。ピンク・フロイドのカバー曲が最も好きだったけれど、その次はキンクスの曲だった。そしてザ・フーかな。ヤードバーズにエリック・クラプトンやジェフ・ベックやジミー・ペイジが在籍していたブリティッシュ・ビートなどという世界は何も知らない頃だった。ジミー・ペイジとは既にモッズ時代に共演しているけれど。今では”ベック”というとアメリカの”BECK”の方が通りが良いのだろうけれど、私は今でも”ベックというとジェフ・ベック”なのだ。共に、ボウイと関わりもある。こうして少しずつボウイのアルバムが増えてゆくことが嬉しくてたまらなかった懐かしき時代。80年代がリアルタイムなのでNew Waveが大好きでボウイの影響を受けたアーティストは数知れず。90年代に入ってもグランジ~オルタナティヴという盛り上がりがあり、英国ではブリット・ポップが隆盛を極めていた。私はというと一部のオルタナ系は今でもよく聴く程大好きながら、全般的にはブリット・ポップが好きだった。そこにも、やはりボウイの影響は多く見られたので当然とも言える。また、ロンドン的な香りがとても好きなのだとも想う。この『PIN UPS』のジャケットのボウイの横のお方はツィッギー(Twiggy)☆60年代を夢みているかのよう♪

1. Rosalyn - PRETTY THINGS
2. Here Comes the Night - THEM
3. I Wish You Would - YARDBIRDS
4. See Emily Play - PINK FLOYD
5. Everything's Alright - MOJOS
6. I Can't Explain - THE WHO

7. Friday on My Mind - EASYBEATS
8. Sorrow - MERSEYS
9. Don't Bring Me Down - PRETTY THINGS
10. Shapes of Things - YARDBIRDS
11. Anyway, Anyhow, Anywhere - THE WHO
12. Where Have All the Good Times Gone! - KINKS

そこで、2000年代に入り奇跡的な共演が実現した。嘗てボウイのアイドルであったキンクスのレイ・ディヴィスとボウイがあの美しい名曲『WATERLOO SUNSET』のデュエット!2003年2月26日の『チベット・ベネフィット・コンサート』(ニューヨーク・カーネギーホール)でのこと。この曲はボウイの作品には入っていない(ブートレグは知らないけれど)。あまり画像は良くないのですが音はなんとか。キンクスの『サムシング・エルス』1967年(5thアルバム)の中の曲。哀愁を帯びた美しきロンドンの夕暮れを想像する。一度だけテムズ川の辺りを少し歩いたことがある。寒い真冬だったけれど。キンクスはとても英国的な綺麗なメロディと詩情に溢れていて好き。ボウイのメロディも美しいですが。そういえばボウイも初期は英国PYE在籍でしたのでキンクスは先輩。レイ・ディヴィスはボウイより3つ程年上。でも、どちらも英国の宝には違いない☆嬉しくてしあわせ!

David Bowie and Ray Davies/Waterloo Sunset live!

[PR]
by bowieworld | 2008-10-11 00:03 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

DISCOGRAPHY (オリジナル・アルバム)

f0004532_557534.jpg
《デヴィッド少年・モッズ時代》~《デヴィッド・ボウイ》としてデビュー!
今なお健在のスーパースター!還暦を迎えても美しい☆

DAVIE JONES with THE KING BEES 1964年 
ハイスクール時代の17歳

THE MANISH BOYS 1965年 
18歳

DAVY JONES and THE LOWER THIRD 1965年~1966年 
18歳~19歳

《デヴィッド・ボウイ:DAVID BOWIE》と改名!
1966年4月1日  英国PYE 7”シングル『Do Anything You Say』
1966年8月19日 英国PYE 7”シングル『I Dig Everything』
1966年12月2日 英国DERAM 7”シングル『Rubber Band』
1967年4月14日 英国DERAM 7”シングル『The Laughing Gnome』

★そして、ボウイ20歳。遂に!1stアルバムの発売となるが、売れなかった...。DERAMは惜しいことをしましたので、後にジャケットと収録曲の伴わない編集盤を出して儲ける。

『デヴィッド・ボウイ』 David Bowie (1967年)
『スペイス・オディティ』 Space Oddity (1969年)
*英国原題は『David Bowie』なので、同名タイトルが続く。
『世界を売った男』 The Man Who Sold The World (1971年)
『ハンキー・ドリー』 Hunky Dory (1971年)
『ジギー・スターダスト』 The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (1972年)
『アラジン・セイン』 Aladdin Sane (1973年)
『ピンナップス』 Pin Ups (1973年)
『ダイアモンドの犬』 Diamond Dogs (1974年)
『ヤング・アメリカン』 Young Americans (1975年)
『ステイション・トゥ・ステイション』 Station to Station (1976年)
『ロウ』 Low (1977年)
『ヒーローズ 英雄夢語り』 Heroes (1977年)
『ロジャー 間借人』 Lodger (1979年)
『スケアリー・モンスターズ』 Scary Monsters (1980年)
『レッツ・ダンス』 Let's Dance (1983年)
『トゥナイト』 Tonight (1984年)
『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』 Never Let Me Down (1987年)

★《ティン・マシーン:TIN MACHINE》としての活動期。
来日公演も素晴らしかったです!
『ティン・マシーン』 Tin Machine (1989年) 
『ティン・マシーンⅡ』 Tin Machine Ⅱ (1991年) 

『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』 Black Tie White Noise (1993年)
『郊外のブッダ』 The Buddha Of Suburbia (1993年)
『アウトサイド』 1.Outside (1995年)
『アースリング』 Earthling (1997年)
『アワーズ…』 'Hours...'  (1999年)
『ヒーザン』 Heathen (2002年)
『リアリティ』 Reality (2003年)

★凄いです!大きなブランクもなく叩かれた時期の作品すら高水準作品ばかり。1975年~1976年辺りはアメリカ生活でボロボロの状態となり、ヨーロッパに回帰し1977年~1979年まではベルリンでの生活・音楽活動となります。イギー・ポップもやって来ます。ブライアン・イーノ、ロバート・フリップの参加。所謂”ベルリン三部作”時代です。1980年以降、少しオリジナル・アルバムが途絶えますが、それはジョン・レノンの暗殺という大事件があり、敬愛していたボウイなのでかなりの衝撃だったと想われます。2003年の『リアリティ』の発売、絶賛されたワールド・ツアーの終盤に大病をされました。が!ライヴや映画出演と不死鳥の如く復活され今なお健在なり!ロックの殉教者のようです。それは、きっとボウイが天から与えられた使命なのかもしれません。故に、カリスマだと言えるのです。カッコイイ~!


※(ベスト盤・ライブ盤・ライヴ盤を続けます♪)
[PR]
by bowieworld | 2007-12-27 04:34 | ディスコグラフィー

マリアンヌ・フェイスフル:MARIANNE FAITHFULL 『Love in a mist』 1967年

60年代のロンドンというと、MOD(モッズ)、スウィンギング・ロンドンなリズムとファッションが浮かぶ。当時を知らないが故の憧れのようなものを抱いてしまう。ボウイも60年代はDECCA(デッカ)に所属していた。同じ時期のお兄さんバンドのような存在でもあったローリング・ストーンズとはその頃から交流が始まる。マリアンヌ・フェイスフルもこの1967年作品(4thアルバム)まではデッカに所属。現在60歳を超えたこれらの方々がまだお若い10代~20代の頃☆その交流を想うとさらに華やかしきロンドンに思える♪
f0004532_013910.jpg
              ♥1967年UK・DECCA盤
f0004532_0132644.jpg
             ♥1988年ドイツ・LONDON盤

マリアンヌ・フェイスフルのレコードを初めて買ったのは『ブロークン・イングリッシュ』。あのブルーのクールなジャケットに一目惚れ♪その中にも大好きなジョン・レノンのカバーが入っていて嬉しかった。少し経って購入した60年代のベスト盤の可憐なルックスと歌声(高目のお声も出ていた頃)にもすっかり魅了されてしまい、ジャケットが違えば見つけると買う対象のアーティストになっていた。DECCA盤LPはロンドンで少し高めだったけれどネクタイにプレスリーがいたり、笑う表情が可愛いので躊躇せず購入した(上の画像はCD化されたものより)。下のドイツ盤CDは1988年の発売当時に購入。なので、CDを先に買ったことになるのだなぁ。私にしては珍しいケースだけれど古い作品で状態も良いとなると安価ではあまり巡り合えないものなので。このアルバムでも、レノン=マッカートニーの「イエスタディ」を始め、ドノヴァン、ジャッキー・デシャノン、ティム・ハーディン、ボブ・リンド...といった楽曲を取り上げている。また、前作『妖精の歌』にも収録されていた「貝がら」はフランス語ヴァージョンで今作では収録。また「行かないで」と題された曲、ドイツ盤には(BREL)とあるのだけれど、1959年のかのジャック・ブレルの「行かないで」ではなく、ジャック・ドゥミ=ミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」のカバー。曲も歌詞も全く違うのだけれど、当時のロンドンではスコット・ウォーカーがブレルの大ファンでカバーしていたり、サンディ・ショウ(ブレルの「行かないで」の楽曲を初めて知ったのはサンディ・ショウだった)やニーナ・シモンもカバーしていた時代。「シェルブールの雨傘」の歌詞にもNe me quitte pasとあるのでこのタイトルとなったのだろうか...その辺りの経緯はよく分からない。

前年の1966年にはジャン=リュック・ゴダールの『メイド・イン・USA』で映画デビューも果たしている。でも、この後、妖精のような可憐なマリアンヌ・フェイスフルはスキャンダルの女王となってゆく。そして、今日のアーティスト!マリアンヌ・フェイスフルが毅然と在るに至るまでには約20年の苦しい時期を経てのこと。今生きているこれらのアーティスト達、ボウイもそうだけれど、死んでいてもおかしくないはないという滅茶苦茶なドラッグやアルコールなどなどの生活。そのような死によって伝説化され時代のシンボルとして刻まれる(忘れ去られる場合もあるけれど)。でも、ボウイもストーンズもマリアンヌ・フェイスフルも...嘗てのヒット曲ばかりを歌うアーティストには未だになってはいない!40年以上の歩み。その存在証明のような軌跡を想像すると壮絶すぎる☆それも宿命でもあるのだろう。

※10代の頃(初期の60年代辺り)のマリアンヌ・フェイスフルについての想いや好きな作品などについては、「クララの森・少女愛惜」にて。それ以降の作品などについては「音楽と映画の宝石箱」の方でも(ゆっくりですが)作品や素晴らしいヴォーカルについて追記してゆきたいと想っています♪
[PR]
by bowieworld | 2007-10-04 00:12 | 盟友・旧友・関連アーティスト

「DAVY JONES AND THE LOWER THIRD」について語る。

『ステージではいつも大音量で演奏した。フィードバックを多用して、メロディなんて全然演らない。タムラ・モータウンをベースにしたサウンドを粉々に砕くだけだった。100人ぐらいの熱心なモッズ族のファンがいたけれど、ロンドン以外でギグをやる時は、いつもブーブー言われてステージから降ろされる始末さ。たいしていいバンドでもなかったな。』

1965年、ボウイはマニッシュ・ボーイズの後、ローワー・サードを率いていた(厳密にはローワー・サードは存在していたので加入なのだけれど)。メンバー中最年少の18歳。まだ、BOWIEと名を変える前のこと。彼らは、市役所の払い下げの古い救急車でライブ回りしていたそうだ。そこに布を敷き仮眠することもできたと。その古い救急車は常にマーキー・クラブに駐車されるようになり、クラブのスタッフが珈琲を持ってきてくれたりしたそうだ。・・・いい感じ。*マニッシュ・ボーイズの「ⅠPITY THE FOOL」では、かのジミー・ペイジがギター参加している!きっと、渋谷陽一氏も大喜びされたに違いないと後から知った私も嬉しくなった。
f0004532_8123493.jpg
それにしても、18歳のボウイ少年の凛々しいこと!!カッコ良過ぎ。一際輝いている。お顔のツヤやオーラが他のメンバーとは違う!ブーブー言われてステージから降ろされていたなんて。私ならキャァ~キャァ~言って貧血状態だったに違いない。こんな綺麗な顔だと毎日、鏡を見てうっとりするだろうなぁ~。
[PR]
by bowieworld | 2005-11-24 00:00 | 素晴しきアルバム・楽曲たち