タグ:俳優ボウイ ( 7 ) タグの人気記事

1975年のボウイ★バスター・キートン本と♪

f0004532_11443837.jpg

★ボウイがバスター・キートン好きで影響を受けて来られたのは有名(詳しく知らないけれど)。このお写真は1975年のNMEに掲載されたものらしい。帽子好きなボウイ。また煙草を手に。そして、「キートン本」も。何をしても素敵なボウイ。14歳以来、ずっと”ボウイ!ボウイ!”と言って生きている。幸運なことに私が出会えるボウイ・ファンの方々は皆お優しい。ミーハー一辺倒の私の無知を誰も馬鹿にしないし、知らない事を教えてくださる。そんな先輩方に色々聞かせて頂いたり、貴重なものを頂いたりしている。

"hand in hand"はボウイに似合わない気がする。けれど、"Give me your hand"とボウイは手を差しのべた。そのか細く繊細で美しいボウイの手に多くのファンが手を差しのべたのだ。実際に届いた人は生涯の思い出だろう。人生が変わった瞬間かもしれない(マーク・アーモンドやボーイ・ジョージもそんな少年時代を経ている)。また、今も世界中にボウイを愛する人々がいっぱい。ボウイ・ファンの年齢層はとても広い。凄いことだと思う。スーパースターだもの!ボウイの新作が待たれる。いつまでも私は待てる。映画出演も楽しみ。ボウイは演劇やマイム、絵も描く、俳優でもある。こんなロック・スターはやはりいない☆
[PR]
by bowieworld | 2009-03-25 11:42 | 美麗ボウイ・お気に入りフォト

アンディ・ウォーホル役のボウイ  『バスキア』にて

f0004532_20112677.jpg
♥ジェフリー・ライト~ボウイ様~ゲイリー・オールドマン~デニス・ホッパー!

映画『バスキア』の公開からもう10年以上経っているのだと今日気がついたところ。あのワクワクしながら劇場で観ていた日はついこの前のようなのに。ボウイのアイドルでもあるアンディ・ウォーホルに扮するお話は公開前から話題になっていた。ウォーホルが実際に着用していたカツラやサングラスやジャケットをボウイが嬉しそうに着用して成り切っている。肌の感じは特殊メイクの効果もバッチリ。実在した人物を演じるのは『エレファント・マン』(ブロードウェイ)のジョン・メリック役以来のこと。購入したパンフレットを久しぶりに眺めていた。どこに書いてあったことか...という事が多々あるのだけれど一つ判明した。少しドキリ!とするお話だけれど。

『エレファント・マン』のオープニングの出席客にウォーホルも含まれている。後に判明したのは、ジョン・レノン殺害犯マーク・チャップマンも、レノン暗殺がうまくいかなかったときに時間つぶしに『エレファント・マン』を観劇していた事実である。楽屋口でチャップマンはボウイに接近しようとさえしている。チャップマンの気が変っていたら?ちょっとぞっとする話だ。

f0004532_20153127.jpg
ボウイはご自分でも絵を描かれ、絵のコレクションもされているのだけれど、バスキアの作品も何点かお持ちだそうだ。上のお話は滝本誠氏によるもので、とてもドキリとする。でも、ボウイの愛らしいお話もある。

”これを見てくれ”とサイフ入れ(これが古びてどうってことがないサイフであることに妙に感動した)から、端の方が折れまくった写真を出して見せてくれたのが、ウォーホル・メイクの自分の写真だった。ウォーホル役をとても楽しんだと語ってくれた。

なんだか、私の携帯の待ちうけ画面のボウイ様を眺めてはニヤリとする感覚と少し似ているようで嬉しいお話。こういうボウイがまた好きなのでもある(嫌いなところは探そうとはしないのだけれど)。アイドルであるウォーホルを楽しく演じていたボウイは観ていても伝わってくる。

「彼は描いている時が、一番幸せだった」とシュナーベルがバスキアについて語っている。表現が尊敬され、愛されている時、そこに住む人々は幸福といえる。デヴィッド・ボウイの、身体的にも精神的にも窺えるアンディ・ウォーホルの演技にも暖かな心を感じた。そういう意味で、ほんの10年ほど前だが、バスキアの生きていた頃は、予期せぬ惨劇がいつでも幸せの隣にあったようだ。ウォーホルの死が、バスキアにとってそうだったように。- 村上龍
[PR]
by bowieworld | 2008-04-30 20:35 | 映画・役者としてのボウイ

FILMOGRAPHY (映画・テレビ・舞台)

f0004532_762614.jpg
《出演作品》
『ポール・マッカートニー/THE LOVE WE MAKE ~9.11 からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡』 (2011) 『ライフ・ドア 黄昏のウォール街』 (2008)
『プレステージ』 The Prestige (2006)
『アーサーとミニモイの不思議な国』 Arthur et les Minimoys (2006) *声の出演
『グラストンベリー』 Glastonbury  (2006)
『エキストラ2:スターに近づけ!』 EXTRAS (2006) *ゲスト出演
『ノミ・ソング』 THE NOMI SONG (2003)
『デヴィッド・ボウイ 全歴史~虚構からの脱却~』 STUDIO PORTRAITS DAVID BOWIE: SOUND AND VISION (2002)
『ズーランダー』 Zoolander (2001)
『天使といた夏』 MR. RICE'S SECRET (2000)

『ザ・ハンガー プレミアム Ⅰ&Ⅱ』 The Hunger Premium (1999)
『ルー・リード ロックンロール・マイハート』 LOU REED: ROCK AND ROLL HEART (1998)
『エヴリバディ・ラブズ・サンシャイン』 Everybody Loves Sunshine (1998)
『バスキア』 Basquiat (1996)
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』 Twin Peaks: Fire Walk with Me (1992)
『ニューヨーク恋泥棒』 The Linguini Incident (1991)

『ローリング・ストーン ロック20年史』 ROLLING STONE YEARS Of ROCK'N ROLL (1989)
『イマジン ジョン・レノン』 IMAGINE: JOHN LENNON (1988)
『最後の誘惑』 The Last Temptation of Christ (1988)
『メイキング・オブ・ラビリンス』 Inside The Labyrinth (1986)
『ラビリンス 魔王の迷宮』 Labyrinth (1986)
『ビギナーズ』 Absolute Beginners (1986)
『眠れぬ夜のために』 Into the Night (1984)
『戦場のメリークリスマス』 Merry Christmas Mr. Lawrence (1983)
『チーチ&チョン/イエローパイレーツ』 Yellowbeard (1983)
*カメオ出演
『ハンガー』 The Hunger (1983)
『ブレヒト:バール』 Baal (1982) 英国BBCテレビ
『クリスチーネ・F』 Christiane F. (1981)
『エレファント・マン』 The Elephant Man (1980~1981) 
★ブロードウェイでロングラン公演を記録し大絶賛されたもの。映像化して頂けないものかと熱望しているものの一つです。嘗てMTVでほんの一瞬だけ観たことがあります。パントマイムの素養を生かしたもので、ジョン・メリック役をメイク無しで、全身の動きと表情のみで奇形さを表現された、大変、素晴らしいものだそうです。大島渚監督も観に行かれたそうです。

『ジャスト・ア・ジゴロ』 Schöner Gigolo, armer Gigolo (1978)
『地球に落ちて来た男』 The Man Who Fell to Earth (1976)
『ジギー・スターダスト』 ZIGGY STARDUST and THE SPIDERS FROM MARS (1973)

『ラヴ・ユー・ティル・チューズデイ』 Love You Till Tuesday (1969)
『イメージ』 The Image (1966)

★未公開作品は沢山あるので観たいです!主に日本登場したものを挙げています。役者ボウイとしての活動も今後もとても楽しみです。新しい作品公開などは追記してゆきます♪

[PR]
by bowieworld | 2007-12-28 07:18 | フィルモグラフィー

映画『ハンガー』のボウイと実現しなかったエゴン・シーレ役

桜の季節。ボウイは日本の桜がお好きでこの時期の来日が多いように思う。4月、そろそろ更新しよう!映画ブログ『映画の宝石箱』の方でも少し紹介させて頂いたのだけれど、カトリーヌ・ドヌーヴ、スーザン・サランドンとの共演の吸血鬼物語『ハンガー』の中のボウイ。美しいボウイを拝見できるのは前半のみだけれど、200年前の英国貴族時代を回想する美しい三重奏のシーンはとても大好き。ボウイはチェロを奏でていて、清楚で綺麗な全身白のお衣装もとてもお似合い♪
f0004532_11283310.jpg
    ★200年前のジョンに扮する素敵なコスチュームのボウイ♪
f0004532_12255881.jpg
ボウイもドヌーヴも、こういうファッショナブルな吸血鬼映画ってピッタリ!な気がする。ボウイは端正なお顔立ちで美形ながら印象を強く残す目と歯。地球人とも異質なミュータントな雰囲気を感じさせる一つの要因かもしれない。ドヌーヴも絶世の美女ながら何か毒気を冷たい炎の中に隠し持っているかのよう、なので魅力が増し好きなのだけれど。*下のお写真は三重奏の撮影の合間のボウイと、窓辺のピアノの前のドヌーヴ♪

ボウイも大の映画好き!ご本人も俳優でもあるけれど、『エゴン・シーレ』のシーレ役は当初はマチュー・カリエールではなくボウイだった。スケジュールの都合で(ボウイが脚本を今ひとつ好んでいなかったというお話も)流れたけれど、かなりボウイも楽しみにされていたインタビューを読んだことがある。その時点では、これまた儚き夢の如く実現しなかったけれど、バリー役(ジェーン・バーキンが演じた)の最初の候補者はシャーロット・ランプリングさまだった!!とっても残念。初公開時とリバイバル上映で3度劇場で観ることができたのだけど、パンフレットには出演されていないボウイの事が沢山書かれていて一緒に行った友人とも大喜びだった。音楽担当はボウイの旧友ブライアン・イーノだし(この、ボウイ&イーノは最初から決まって進められていたよう)。マチュー・カリエールも好きなので良かったけれど、この映画を想うとやっぱりボウイが連想されてしまう...夢まぼろし☆

ボウイは絵を描くのでドイツ(ウィーン)表現主義にとても影響を受けてこられた。そんなボウイのお陰で私はエゴン・シーレという画家を知ることが出来、そこから広がっていき、今も継続してそれらの画集を眺めたり、展覧会に足を運ぶこともある。こうして、改めて考えてみると、ボウイは道先案内人のような存在でもあるのだと再認識。ボウイが好きなもの、全てを好きになりたい訳ではない。でも、ごく自然とボウイから受けたこの20数年の影響を悦ばしき出会いだと思えてならない。どうしても、どこを巡っても帰り着く処はボウイなのだろう。
[PR]
by bowieworld | 2007-04-02 05:46 | 映画・役者としてのボウイ

『地球に落ちて来た男』を幾度観ても♪

f0004532_2138151.jpg最も多感な時期にDAVID BOWIEというアーティストを知り得た事、今の私、私の人生に欠かせないお方。よくお友達に「ずっと、ボウイが好きって凄い!」って言われるのだけれど、自分でも分からない。お声も曲も大好きだけれど、やっぱりルックス!ミーハーのまま今に至り、年月が過ぎていくだけの様に思う。でも、ただ美しいだけではないし、ボウイから影響を受けたことが今の私の生活の中でも生きている。なので、常にボウイは欠かせないお方なのだと思う。過去の栄光に縋るスーパースターとも違う、今も現役でお年を召されても素敵。ストイック!

さて、ニコラス・ローグ監督は凄い!偉い!このカルト映画を製作して下さったから。主役がボウイでなければ、また違った伝承のされ方をしていたかも?オープニングから引き込まれていく。地球に落ちて来た男はトーマス・ジェローム・ニュートンと名乗り、自分の星の危機を救う為に幾つもの特許が含まれている映写機から大会社を設立していく。そんな彼を政府がチェックしだす辺りから後半は政府の人体実験に。(私の観たリバイバル時の同時上映が『時計仕掛けのオレンジ』だったのも納得!)この人体実験のシーン、グルグルと椅子が回転するシーンとか、コンタクトが付着してしまうシーンとか...可哀想(なボウイさま~!)って思ってしまう。ボウイに関してはどうしても役柄に感情移入はし難いみたい。

ニュートンの衣装は全てボウイ自らが選んだそうだ。道理でキマッテル!帽子好きのボウイなので幾パターンかの帽子、眼鏡もバッチリ!オープニングの山を下るシーン、初めてエレベーターに乗り恐怖のあまり鼻血を出し倒れて動けなくなるシーン、政府に軟禁されたニュートンを訪ねたメリー・ルー(キャンディ・クラーク)と卓球するシーン、モニターに囲まれて、次第にアル中に...数十年後も全く年を取らず美しく、ただただアルコールを飲む日々、もう自分の星には帰れないのだ。妻子を残して来たのでいつも気にしていたのに...。

この映画はSF映画と呼ぶにはかなり風変わり。ニコラス・ローグは「愛の物語」だと語っていた。異端に対する好奇の眼差し、サディスティックな人体実験。これは、今も人間が動物を使ってしている。そんな事もふと、思ったりする。
f0004532_2149208.jpg

「ステーション・トゥ・ステーション」「ロウ」と続くアルバムのジャケットはこの映画から。オレンジの髪のボウイ、痩身過ぎる位に薄っぺらな身体、真っ白な肌・・・美しすぎる!作り物ではない。デヴィッド・ボウイという人間であるであろうロック界のスーパースター。

ロイ・オービソンやビング・クロスビーの曲も流れるけれど、ツトム・ヤマシタの曲はとても映像を効果的にしていると思う。ボウイは曲を作っていたのだけれど、監督は役者として熱望したようだ。

この『地球に落ちて来た男』のハリウッド・リメイクが決定したそうだ。まだニュートン役は未定だと。どなたが演じるのだろう?気になるけれど、あまり期待しない方が良いのかも。
[PR]
by bowieworld | 2006-04-26 20:47 | 映画・役者としてのボウイ

『地球に落ちて来た男』を初めて観た頃

久しぶりに『地球に落ちて来た男』を観たのだけれど、140分位あって長い。それでも、ボウイの美しさばかりが今観ても私をドキドキさせてくださる。どんなシーンでも本当に美しい!ニコラス・ローグ監督作品には、ミック・ジャガーとアニタ・パレンバーグが共演した『パフォーマンス』やアート・ガーファンクルが出演した『ジェラシー』などもある。映像派と呼ばれる独特の世界を映像表現されるお方のお一人だと思う。

そして、この『地球に落ちて来た男』の主人公トーマス・ジェローム・ニュートンに扮するボウイは、正しく適役!ボウイが演じたからこそ...って思ってしまう。ボウイはこの撮影後もなかなかこのニュートン役から抜け出せなかったとインタビューで読んだ事がある。ボウイは元々演劇畑のお方なのに映画デビューはこの作品が初めて。1976年。ロック界のスーパースターとなってしまったのでスケジュールが多忙だったのだろうなぁ。
f0004532_1152168.jpg
私はまだボウイのレコードを2.3枚しか持っていなかった頃に、この映画のリバイバル上映に出逢えた。比較的真面目な学生だったけれど、ただ一度だけ6時間目の授業を抜け出して友人と大急ぎで大毎地下劇場へ向かった時のことを忘れない。動くお姿が観れると思うと嬉しくて仕方がなかった。その友人も英国ロックファンだったのでラジオのエアチェック情報交換を休み時間に毎日廊下でしていた。彼女とは小学生の頃から仲が良かったけれど、音楽を通してますます仲良くなっていった。私よりずっと成績も良く苦手科目の無い人だったので、ハイレベルの大学に行ってしまうまで。そう、彼女は極度の長髪ファンだった(私も好きだけれど)。なので、私の来日アーティストのコンサートの初体験は、実はホワイトスネイク。その頃私は、もうすっかりNEW WAVE娘だったので、あの異様な世界は後にも先にもある意味印象深い体験として残っている。だって、エアチェックしたバウハウスやエコバニに胸躍らせ、ボウイやケイト・ブッシュ、彼女には内緒でこっそりフレンチポップスも聴き始めていた私なので。「うぉ~!」と皆総立ちで腕を上げっぱなしで低い声で叫んでいた。皆が席を立つので私も立ち真似てみた。でも、しんどくて腕は下ろしてしまった。リズムの取れない私は全く付いていけない状態だったのだ。でも、近くにジョン・レノンのTシャツを着たお兄さんが居たので少しホッとしたり...デヴィッド・カバーデルはハンサムだった。そんな事しか覚えていない。彼女はとても感動していた。なのに、後にはすっかりツートーンにハマッていた。影響を受けやすい年頃だったのだろう。私も然りだったと思う。

(つづく...)
[PR]
by bowieworld | 2006-04-03 15:46 | 映画・役者としてのボウイ

戦場のメリークリスマス

「メリー・クリスマス、ミスター・ローレンス」。カンヌ映画祭でも有力候補とされていた程、ヨーロッパでも高い評価を得た大島渚監督作品。原作は『影の獄にて』(サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポスト)。主役の一人セリアズを演じたのがボウイ。映画館に3回足を運んだ。1度目はボウイばかり観ていてよくお話が分からないままだった。なので、パンフレットを隅々まで読み、再度映画館へ。その時は母も一緒だった(美男子に弱いのですっかりボウイ・ファンになっていた)。各誌でかなり取り上げられていた。それまでは小さな映画館でこっそり上映される様な作品ばかり観ていた私には凄い現象に思えた。3度目の気持ちは良く覚えていないけれど最初に一緒に行った友人ともう一度。

f0004532_1811552.jpg女性は全く出てこない。坂本龍一氏との共演も嬉しい事だった。友人は演劇畑の女子なのでかなり細かく分析して感想を述べていたけれど、私はボウイの美しさ、凛々しさにドキドキしていただけに近い。龍一さんがボウイに抱擁されるシーン、そのお互いの表情がとても好き。女性の私には理解出来ないのかも?だからこそ憧れるのか、兎に角美しい何かを感じる。あのボウイの歩み寄る姿、凛々しい眼光と口元、うるうると倒れる龍一さん・・・嗚呼、好きだ。この映画は色んな男性の心の葛藤や悲哀、優しさが描かれている。今だと随分冷静に鑑賞できるのだけれど、当時はこの作品中、結構ボウイは殴られたり痛めつけられるので、その度に怒っていたものだ。

f0004532_1822035.jpg
ボウイ扮するセリアズ役は適役だったと思う。当初はロバート・レッドフォードも候補に挙がっていたそうだ。でも、大島監督はブロードウェイで上演中だったボウイの『エレファントマン』を観てセリアズ役はボウイ!と決めたという。龍一さん扮するヨノイ役も当初は緒方拳さんだったそうだ。断られて結局は良かったと私は嬉しい。音楽も素晴しいし。

パンフレットには著名人の方々のコメントが掲載されている。随分久しぶりに読み返してみた。それぞれ共感できる讃美なのだけれど、以下の中島梓氏のものがやはりトキメク私。

「ここに登場する人々はみな、それぞれに何か想念に憑かれている。憑かれた男たちは狂おしくも美しい。それは『狂人と聖者と兇賊にしか興味がない。あとは俗衆が』というユイスマンスの言葉を思い出させる。そして、このまさしき『狂人と聖者と兇賊』だけの世界の中で、金髪のデビッド・ボウイは、ひとりのエロティックな『受難のキリスト』である。この映画は新しいゴルゴダの丘の物語である。」 - 狂おしく美しい男 -
 
[PR]
by bowieworld | 2005-12-24 00:00 | 映画・役者としてのボウイ