タグ:映画 ( 9 ) タグの人気記事

ボウイのニックネーム「オスカー」の由来はポール・ニコラスにあり☆

f0004532_1034844.jpg
★ボウイが「シリアス・ムーンライト・ツアー」のワールドツアーの頃(1983年)だったと想う。読んだ雑誌が何かハッキリ想い出せないので大まかに。「デヴィッドのことは普段"オスカー"と呼んでいる」というような記述があった。その由来などは語っていなくて、「60年代に関係しているんだ」というようなもので、ヒントとなるのはその「60年代」だけだった。あまり好きではなかったYouTubeなのだけれど、土下座の想い。色んなことが解けてゆくし想いだされる毎日である。

「オスカー」と聞くと、私はオスカー・ワイルドを直ぐに想起するのだけれど、ボウイとは似ていないし...。オスカー・ワイルドの作品をボウイが読んでいないとは考えられないけれど60年代より遥かに古いお方。さて...?と何気にボウイの動画を観ている時に発見!60年代のバンドであるオスカー(Oscar)を!彼等の1967年の3rdシングル『Over the Wall we go』を書いたのは当時20歳頃のデヴィッド・ボウイなのだった。このオスカーと云われても私にはピンとは来ないけれど、ポール・ニコラス(Paul Nicholas)のバンドであると分かり嬉々とした。ポール・ニコラスというと俳優としての方が馴染みがあるのだけれど、この頃はシンガーとしても人気があったらしい。上の画像のお姿を拝見すると、少しボウイ、少しシド・バレット、より似ているのはジュリアン・コープだろうか...などとミーハーなことも。更新しようと想いながら随分経ってしまいました。

『Over the Wall we go』のオスカー・ヴァージョンとボウイ・ヴァージョンがありましたので ↓ に貼っておきます♪
 
OSCAR Over the wall we go DAVID BOWIE SONG 1967


David Bowie/Over the Wall we go


※何に記されていたか出てきましたら、その箇所を記します。
[PR]
by bowieworld | 2009-12-11 10:00 | 盟友・旧友・関連アーティスト

『野性の息吹き WILD IS THE WIND』

f0004532_10514776.jpg
★ボウイの1976年『STATION TO STATION』に収録されている素晴らしい楽曲!ボウイはピアノ伴奏だけでまる一枚のアルバムを作られても素敵だろうなあ~と思う。この『WILD IS THE WIND』は邦題の『野性の息吹き』として馴染んでいる。ジョージ・キューカー監督の1957年の同名映画からのカバー曲。物悲しくも美しい!1966年にニーナ・シモンも歌われている。私はボウイで先に知った。けれど、残念ながら映画『野性の息吹き』は未見。とても観たいと熱望しているのは、主役がアンナ・マニャーニとアンソニー・クインであること。また、音楽がディミトリ・ティオムキンであることも大きな理由。ジョージ・キューカー作品で観たものは15作品くらいながら相性はとても良いので嬉しい。どうしても観たい作品がまだまだ。その中の一つ。でも、バーブラ・ストライザンドの歌う動画の中で少し観れた(アンソニー・クインは映っていない)。なので、さらにDVD化の熱望を♪

David Bowie - Wild Is The Wind

Nina Simone - Wild Is The Wind



Barbra Streisand - Wild Is The Wind


[PR]
by bowieworld | 2009-06-06 10:25 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『アメリカン・サイコ』の『SOMETHING IN THE AIR (AMERICAN PSYCHO REMIX)』

f0004532_65979.jpg

★私はボウイが大好きである。けれど、洋楽を聴き始める前から映画が大好きで今も音楽と映画は同等に好きであり必要なもの。嘗てはヨーロッパの耽美、頽廃映画、あるいは少年少女が主役の作品ばかりを観ていた(今も優先しているけれど)。歳を重ねるうちに広がっている。ボウイは俳優でもあり、映画の主題歌や挿入歌として使われる曲は膨大に増えている。なにげに観ていてボウイの曲が流れると胸躍る!このメアリー・ハロン監督の『アメリカン・サイコ』(2000年)は、主演のクリスチャン・ベイルを目的に観たもの。なんと驚き!80年代の楽曲たちが次々と出て来る。そんな中にボウイの『Something In The Air』も。この曲は1999年のアルバム『'Hours...'』に収録されていた曲だけれど、この映画ではリミックス曲を提供している。この映画の音楽担当(オリジナル)は、メアリー・ハロン監督の前作『I SHOT ANDY WARHOL』と同様にジョン・ケイル。ボウイはクリスチャン・ベイルと『プレステージ』で共演、ウィレム・デフォーは『最後の誘惑』と『バスキア』で。共に好きな男優さま。ボウイとの映画関連もまだまだ追記いたします。大好きなボウイと音楽と映画のことを♪

下のボウイ映像は1999年のジュールズ・ホラントの英国テレビに出演時のもの。サングラス姿も素敵です!この時期のボウイ(50代初頭)の雰囲気もとても大好きです。PLACEBOとのライヴ映像の頃でもあります。

david bowie - something in the air live


1. You Spin Me Round (Like A Record) - Dope
2. Monologue 1 - John Cale
3. Something In The Air (American Psycho remix)- David Bowie/サムシング・イン・ジ・エアー(アメリカン・サイコ・リミックス) - デヴィッド・ボウイ
4. Watching Me Fall (Underdog remix)- The Cure
5. True Faith - New Order
6. Monologue 2 - John Cale
7. Trouble - Daniel Ash
8. Paid In Full (Coldcut remix) - Eric B. & Rakim
9. Who Feelin' It (Philip's Psycho mix) - Tom Tom Club
10. Monologue 3 - John Cale
11. What's On Your Mind - Information Society
12. Pump Up The Volume - M/A/R/R/S
13. Paid In Full - The Racket (remix)

※これはサントラCDの曲目ですが、映画の中ではロバート・パーマーやジェネシス、フィル・コリンズ他の楽曲も流れます。

f0004532_654659.jpg

アメリカン・サイコ/AMERICAN PSYCHO
      2000年・アメリカ映画
監督:メアリー・ハロン 原作:ブレット・イーストン・エリス 脚本:メアリー・ハロン、グィネヴィア・ターナー 撮影:アンジェイ・セクラ 音楽:ジョン・ケイル 出演:クリスチャン・ベイル、ウィレム・デフォー、ジャレッド・レトー、ジョシュ・ルーカス、サマンサ・マシス、マット・ロス、ウィリアム・セイジ、クロエ・セヴィニー、カーラ・セイモア、リース・ウィザースプーン、ジャスティン・セロー、グィネヴィア・ターナー

<お知らせ>いつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます。お気軽にコメントやTBなどにお越しください。このエキサイトさまのコメント機能に認証制が導入されましたが、今のところ私はその設定をしておりません。でも、記事とは無関係、不適切な内容、大きく逸れた内容はお返事の対応ができませんので、勝手ながら削除させて頂くこともございます。どうぞ、ご了承ください。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします!
[PR]
by bowieworld | 2009-04-27 07:08 | 映画の中のボウイの曲たち

映画『クリスチーネ F』の中の素晴らしいボウイ・ライヴ

f0004532_10374046.jpg

★1981年の西ドイツ映画『クリスチーネ・F』とサントラのことを、以前書きましたが、その時はyoutube禁止だったもので追記したいと思います。この映画の中でボウイは”デヴィッド・ボウイ”として登場し、この映画のためのライヴを撮影。このライヴがまた素晴らしい!!youtubeを決して推奨しているのではないけれど、ボウイのファン層は広い。1982年公開のこの映画を劇場で鑑賞できた私は幸運にさえ想える時がある。1973年のジギー・ライヴを観て、あのファンの皆様の中に一緒に居たかったと想う私の気持ち...少しずつの世代の違い、時代のタイミングでボウイに出会う時は様々。今なお、10代のお若い方にもボウイの魅力は伝わるのだ!という事実に感激しています。40年のデヴィッド・ボウイの軌跡を想うと奮える。また、畏怖の念をも感じ続けている。私はボウイに近づけない(近づけなくて良い!)。その距離は遠い。いつまでもその距離は大切にしていたい。けれど、いつの間にか私の心の美しき住人(それも王様のよう)として君臨しているよう。この映画の中の『Station To Station』の冒頭、クリスチーネのお部屋が映る。『CHANGES ONE BOWIE』が2枚重ねて置かれている。大好きだから同じレコードを持っている。この映画は決して愉快な映画ではない。この後のこの美しい少女の転落も知ってしまっているので哀しいけれど、ボウイのライヴ・シーンが素晴らし過ぎるので!

Station To Station -David Bowie from Christiane F

[PR]
by bowieworld | 2009-04-25 10:28 | 映画・役者としてのボウイ

『アート・ロック特集』での嬉しい発見☆

f0004532_11392643.jpg
あまりにも感激と感涙した理由を今言葉に上手くすることはできません。ボウイのお陰でシド・バレットやピンク・フロイドを聴くきっかけとなった私。また、ボウイがどのくらいシド・バレットのことが好きで多大なる影響を受けてきたのか...また、カリスマであるボウイは私の大切な”美しい世界”の核となっているお方とも言える。そして、病的な思考だと指摘を受けても来た私の”少女愛好(少年愛好)”はどうしても拭い去ることなどできず、さらに深まるばかり!そして、音楽も映画も文学もアート...総て繋がりあう世界。それらの融合する瞬間に幾度と遭遇し私の心に突き刺さったままのものたち。それらは美しく優しい。けれど、苦痛な歓びとも言える。ボウイはやはり”アート・ロック”なお方!バブル世代の私。嘗て”アート至上主義の時代は終わった”と語る上司がおられた...データや数字、機能やスピードを優先する時代に取り残された私。けれど、今も然程変わりはしない。相変わらずアート好きで、売れなくなってゆくレコードやCD、映像関連のものたちを愛してやまない。下の映像はBBC制作のものだろうから、ジョナサン・ミラー監督の『不思議の国のアリス』(1966年の英国映画)と融合させたのであろう。実にピッタリ!私の好きなアン=マリー・マリック(アリス役の少女)と、ボウイのインタビュー、当時のサイケデリックな映像でピンク・フロイドの初期名曲『シー・エミリー・プレイ』を幾度も聴いた(観た)☆

Syd Barrett "See Emily Play" - Pink Floyd

[PR]
by bowieworld | 2009-01-18 09:37 | 盟友・旧友・関連アーティスト

FILMOGRAPHY (映画・テレビ・舞台)

f0004532_762614.jpg
《出演作品》
『ポール・マッカートニー/THE LOVE WE MAKE ~9.11 からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡』 (2011) 『ライフ・ドア 黄昏のウォール街』 (2008)
『プレステージ』 The Prestige (2006)
『アーサーとミニモイの不思議な国』 Arthur et les Minimoys (2006) *声の出演
『グラストンベリー』 Glastonbury  (2006)
『エキストラ2:スターに近づけ!』 EXTRAS (2006) *ゲスト出演
『ノミ・ソング』 THE NOMI SONG (2003)
『デヴィッド・ボウイ 全歴史~虚構からの脱却~』 STUDIO PORTRAITS DAVID BOWIE: SOUND AND VISION (2002)
『ズーランダー』 Zoolander (2001)
『天使といた夏』 MR. RICE'S SECRET (2000)

『ザ・ハンガー プレミアム Ⅰ&Ⅱ』 The Hunger Premium (1999)
『ルー・リード ロックンロール・マイハート』 LOU REED: ROCK AND ROLL HEART (1998)
『エヴリバディ・ラブズ・サンシャイン』 Everybody Loves Sunshine (1998)
『バスキア』 Basquiat (1996)
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』 Twin Peaks: Fire Walk with Me (1992)
『ニューヨーク恋泥棒』 The Linguini Incident (1991)

『ローリング・ストーン ロック20年史』 ROLLING STONE YEARS Of ROCK'N ROLL (1989)
『イマジン ジョン・レノン』 IMAGINE: JOHN LENNON (1988)
『最後の誘惑』 The Last Temptation of Christ (1988)
『メイキング・オブ・ラビリンス』 Inside The Labyrinth (1986)
『ラビリンス 魔王の迷宮』 Labyrinth (1986)
『ビギナーズ』 Absolute Beginners (1986)
『眠れぬ夜のために』 Into the Night (1984)
『戦場のメリークリスマス』 Merry Christmas Mr. Lawrence (1983)
『チーチ&チョン/イエローパイレーツ』 Yellowbeard (1983)
*カメオ出演
『ハンガー』 The Hunger (1983)
『ブレヒト:バール』 Baal (1982) 英国BBCテレビ
『クリスチーネ・F』 Christiane F. (1981)
『エレファント・マン』 The Elephant Man (1980~1981) 
★ブロードウェイでロングラン公演を記録し大絶賛されたもの。映像化して頂けないものかと熱望しているものの一つです。嘗てMTVでほんの一瞬だけ観たことがあります。パントマイムの素養を生かしたもので、ジョン・メリック役をメイク無しで、全身の動きと表情のみで奇形さを表現された、大変、素晴らしいものだそうです。大島渚監督も観に行かれたそうです。

『ジャスト・ア・ジゴロ』 Schöner Gigolo, armer Gigolo (1978)
『地球に落ちて来た男』 The Man Who Fell to Earth (1976)
『ジギー・スターダスト』 ZIGGY STARDUST and THE SPIDERS FROM MARS (1973)

『ラヴ・ユー・ティル・チューズデイ』 Love You Till Tuesday (1969)
『イメージ』 The Image (1966)

★未公開作品は沢山あるので観たいです!主に日本登場したものを挙げています。役者ボウイとしての活動も今後もとても楽しみです。新しい作品公開などは追記してゆきます♪

[PR]
by bowieworld | 2007-12-28 07:18 | フィルモグラフィー

DISCOGRAPHY (編集盤・ライヴ盤・サントラ)

f0004532_19395223.jpg
《ベスト・編集盤》
『魅せられし変容 ベスト・オブ・デビッド・ボウイ』 ChangesOneBowie (1976年)
『美しき魂の告白』 ChangesTwoBowie (1980年)
『サウンド+ヴィジョン』 Sound+Vision BOX SET (1989年)
『チェンジスボウイ』 ChengesBowie (1990年)
『ザ・シングルス・コレクション』 The Singles Collection (1993年)
『THE DERAM ANTHOLOGY』 (1997年)
『CLUB BOWIE』 (2003年)

★編集盤は数多く世界中で発売されているので、主に国内盤を中心に挙げています。聴いていない編集盤もあるので、新しい発見があればまた追記したいと思います。

《ライヴ・アルバム》
『デビッド・ボウイ・ライブ』 David Live (1974年)
『ステージ』 Stage (1978年)
『ジギー・スターダスト・モーションピクチャー』 ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURE (1983年)
★伝説のジギー最終公演(ハマースミス・オデオン)を収録したライヴがようやく!映像も公開され涙しました。楽屋にはルー・リードがおり、1973年に一夜にしてこの名前が知れ渡ることになります。美しいです!なにか☆
『ティン・マシーン・ライヴ OY VEY,BABY』 TIN MACHINE Live OY VEY,BABY (1992年)
『SANTA MONICA '72』 (1994年)
『RarestOneBowie』 (1995年)
★「サンタモニカ1972年」と「RarestOneBowie」はメインマン(Golden Years)よりの発売。ボウイの許可を得ていない作品(ブートレグ)を多発していた。嘗てはそれらの音質の悪いものも買っていた時期があります。残しているものもあるので、またそれらの追記もしたいと思います。
『ボウイ・アット・ザ・ビーブ』 BOWIE AT THE BEEB:The Best Of The BBC Radio Sessions 68-72 (2000年)

《サウンドトラック》
『ジャスト・ア・ジゴロ』 Just A Gigolo (1978年)
『クリスチーネ・F』 Christiane F. (1981年)
『DAVID BOWIE in BERTOLT BRECHT'S BAAL』 (1982年)
『ビギナーズ』 Absolute Beginners (1986年)
『ラビリンス 魔王の迷宮』 Labyrinth (1986年)

★その他、『コードネームはファルコン』の主題歌『ディス・イズ・ノット・アメリカ』(1985年、パット・メセニーと共演。”デヴィッドはロック界のソニー・ロリンズだ”と讃美したと思う...(記憶が曖昧です)。また、アニメーション映画『風が吹くとき』(1986年)の同名主題歌も素晴らしい曲♪映画の中で使用されているボウイの楽曲は数知れず!フランスのレオス・カラックス監督、デンマークのラース・フォン・トリアー監督の作品には度々使われています。他にも、何気に観ていてボウイの曲が流れると、それだけで満足してしまうこともよくあります(『チャーリーズ・エンジェル』もそうでした)。
[PR]
by bowieworld | 2007-12-27 19:22 | ディスコグラフィー

映画『クリスチーネ・F』とサウンドトラック

f0004532_4311112.jpg
f0004532_5191946.jpg
1981年の西ドイツ映画『クリスチーネ・F』にボウイは本人役として出演し、劇中『Station To Station』を歌うライヴ・シーンで登場。とっても、カッコイイ!!(いつもながら♪)この映画のために、ボウイ自ら写真など資料を提供している。実在のクリスチーネ・F(当時は未成年だったので)こと、クリスチアーネ・ヴェラ・フェルシェリノヴの手記『かなしみのクリスチアーネ』、あるいは『われらツォー駅の子供たち(われら動物園駅の子供たち)』を、ウルリッヒ・エデル監督が映画化したもので日本公開は1982年。映画の中でクリスチーネに扮する少女ナーチャ・ブルンクホルストのことなどを『クララの森・少女愛惜』にて思いつくままに綴ってみた。『ボウイ館』ではそのサントラ盤の内容を記しておこうと想う。※映画の音楽担当は、ボウイの9曲の楽曲とユルゲン・クニーパによるもの。
f0004532_393789.jpg
(ドイツ盤)『Christiane F. WIR KINDER VOM BAHNHOF ZOO』
1. V-2 Schneider
2. Tvc 15
3. Heroes / Helden
4. Boys Keep Swinging
5. Sense Of Doubt
6. Station To Station
7. Look Back In Anger
8. Stay
9. Warszawa

(CD化された日本盤) 『クリスチーネ・F O.S.T.』
1. V-2 シュナイダー
2. TVC15
3. ヒーローズ(ドイツ語ヴァージョン)
4. ボーイズ・キープ・スウィンギング
5. 疑惑
6. ステーション・トゥ・ステーション
7. ルック・バック・イン・アンガー
8. ステイ
9. ワルシャワ

私はCDは買っていなくて、日本盤LPは下記のような表示となっている。
《SIDE 1》
1.V-2 シュナイダー
2.TVC-15 (ワン・ファイブ)
3.ヒーローズ(英雄夢語り)
4.ボーイズ・キープ・スインギング
5.疑惑
《SIDE 2》
1.ステイション・トゥ・ステイション
2.怒りをこめてふり返れ
3.ステイ
4.ワルシャワの幻想

※このサントラの中の『ステーション・トゥ・ステーション』はアルバム『ステージ』に収録のものながら、劇中のライヴ・シーンは映画のためにボウイが出演したもの。また、大名曲!『ヒーローズ』をこの中では英語歌詞~ドイツ語歌詞へと続けて歌われるものを収録。この曲の持つイメージに映画『クリスチーネ・F』はとても似合ってしまうので不思議。さらに、全フランス語ヴァージョンで歌われた『ヒーローズ』もある。私はドイツ語ヴァージョンの方がとても好き♪こんな感じで”ベルリン三部作”時代の楽曲からの構成。

f0004532_4315127.jpg
      ♥ボウイを見つめる夢見る少女たちの表情が可愛い♪

★この赤いジャケットが綺麗な色でお似合い。首が細くて長いボウイなので襟を立ててカッコイイ~♪少し似た色合いのジャケットを見つけたので購入して偶に着ていた頃がある。似合いもしなかったのだけれど、若気の至りで真似てみたりしていたのだ。母に”襟をちゃんとして行きなさい~。”などと言われてガクリとしたものだ。ああ、懐かしい想い出♪

※一番下のお写真は映画『クリスチーネ・F』の場面ではありません。オフショットでしょうか...どんなお話をしているのだろう。ポ~っと眺める少女たちの愛らしい表情を眺め、共鳴し喜んでしまいます☆
[PR]
by bowieworld | 2007-12-24 03:07 | 映画・役者としてのボウイ

サイモン・ターナーとの幻の共演作品

私はボウイが一等大好き!どうしてかなぁ...女性ヴォーカル好きでフレンチポップスやトラッドフォークとかも好きな欲張り者。でも、一等はボウイ。私が幾つまで生きていられるのかは分からないけれど、いつか死が訪れた時もボウイのお写真とか一緒に居たいなぁ。「スターマン」を聴きながら死ねると素敵かも?...なんてふと思ったりする。

f0004532_8341716.jpgカリスマのボウイ。でも、好きな音楽は他にも色々。好きな男性ヴォーカルってどこかボウイ風とか、空気が似ている様なお方が多い気がする。そんな中のお一人にサイモン・ターナーも。彼は10代の頃から英国のTVなどで活躍して今もアンダーグラウンド・ポップを作り続けている。全て網羅している訳ではないけれど、結構知らないうちに持っている。最初に買ったのはDEUX FILLESというプロジェクト。次はJEREMY'S SECRETというプロジェクト。でも、サイモン・ターナーというアーティストが気になってソロ名義(サイモン・フィッシャー・ターナーとサイモン・ターナーがある)の作品を聴く内に、後からそれらの持っているレコードが彼のプロジェクトなのだと知った。そんな時の嬉しいことったらありゃしない!とっても得した気分というのかな?そして、80年代の終わり頃、el(エル)レーベルというインディー・レーベルが登場。「ロンドン・パヴィリオン」というコンピレーションにはブックレットが付いていて、そこに一際美しい青年のお姿が!サイモン・ターナー!正しく「キング・オブ・ルクセンブルグ」の王子様のようなそのお写真に釘付けとなる。そして、この彼の中で最もポップなプロジェクトは2枚のアルバムをリリース。一時はある曲だけがクラブヒットなる現象を起こし、みんな振り付けして踊っていたものだ。そんな中、来日が決まったもので、チケットが取れるのか?当日は会場には10代のお若い方々がいっぱいかも?...などとドキドキしていた。でも、小さな劇場での2部構成のライヴはひっそりと。そんなにお若い方は目立たず、20~30代くらいの男女の皆様がいらした。そして、決して満員ではなかった。クラブヒットに疎い私だけれど、とってもガッカリした。彼らは1曲の為にアルバムを買って下さるのだけれど、他の曲はどうでもいいのかな?そんなに人気のある曲を作った方が来日してるのに気にならないのかな?その曲が飽きたらそのレコードはどうなるのかな?...って思うと悲しくなるのだった。お客様がお小遣いやお給料で買って下さることに感謝しているのだけれど、そんな疑問はずっと持っていた。何だか年寄りじみたこと言ってるみたい...。

ここは『ボウイ館』。そう!この素敵で不思議なアーティスト、サイモン・ターナーの1990年のインタビューを読んでいた。デレク・ジャーマンの映画音楽も後期は専属だった。デレク・ジャーマンの死は早すぎとても惜しまれる。このコンビはまだ続いたはずだろう。そんな事も思いながら、とんでもない発言を発見して舞い上がってしまった。

今後の音楽活動は?という質問に。
「もし実現できたらデレクの詩をティルダ(スウィントン)が朗読し、デヴィッド・ボウイやマリアンヌ・フェイスフルやニック・ケイヴが歌ったりギターを弾いたりするレコードが作りたい。」

きゃぁ~!!!今からでも実現してください!って願う。こんな好きなアーティスト達ばかり。私の為の企画?って傲慢な思いも抱いてしまうくらい。

サイモン・ターナーのお声はボウイの初期のお声に似た感じがする。10代の頃にボウイの「プリティエスト・スター」を既にカバーしていた。英国の子役スターだった美少年。そして、美しい夢の如き繋がり。70年代はボウイのロンドン事務所の「MAIN MAN」で働いていらしたのだ。ボウイとどんなお話をしていたのだろう?とかお二人のツーショットを想像してトキメク私。

折角なので、もう一つ嬉しいお言葉も。
好きな映画は?という質問に。
「コッポラの『地獄の黙示録』、ニコラス・ローグの『地球に落ちて来た男』。」

私は、こうしてさらにサイモン・ターナーが好きになり、ボウイの素晴らしさを誇らしく思い良い気分になるのだった。
[PR]
by bowieworld | 2006-07-11 07:23 | ボウイ・チルドレン