タグ:語録 ( 6 ) タグの人気記事

アンディ・ウォーホル役のボウイ  『バスキア』にて

f0004532_20112677.jpg
♥ジェフリー・ライト~ボウイ様~ゲイリー・オールドマン~デニス・ホッパー!

映画『バスキア』の公開からもう10年以上経っているのだと今日気がついたところ。あのワクワクしながら劇場で観ていた日はついこの前のようなのに。ボウイのアイドルでもあるアンディ・ウォーホルに扮するお話は公開前から話題になっていた。ウォーホルが実際に着用していたカツラやサングラスやジャケットをボウイが嬉しそうに着用して成り切っている。肌の感じは特殊メイクの効果もバッチリ。実在した人物を演じるのは『エレファント・マン』(ブロードウェイ)のジョン・メリック役以来のこと。購入したパンフレットを久しぶりに眺めていた。どこに書いてあったことか...という事が多々あるのだけれど一つ判明した。少しドキリ!とするお話だけれど。

『エレファント・マン』のオープニングの出席客にウォーホルも含まれている。後に判明したのは、ジョン・レノン殺害犯マーク・チャップマンも、レノン暗殺がうまくいかなかったときに時間つぶしに『エレファント・マン』を観劇していた事実である。楽屋口でチャップマンはボウイに接近しようとさえしている。チャップマンの気が変っていたら?ちょっとぞっとする話だ。

f0004532_20153127.jpg
ボウイはご自分でも絵を描かれ、絵のコレクションもされているのだけれど、バスキアの作品も何点かお持ちだそうだ。上のお話は滝本誠氏によるもので、とてもドキリとする。でも、ボウイの愛らしいお話もある。

”これを見てくれ”とサイフ入れ(これが古びてどうってことがないサイフであることに妙に感動した)から、端の方が折れまくった写真を出して見せてくれたのが、ウォーホル・メイクの自分の写真だった。ウォーホル役をとても楽しんだと語ってくれた。

なんだか、私の携帯の待ちうけ画面のボウイ様を眺めてはニヤリとする感覚と少し似ているようで嬉しいお話。こういうボウイがまた好きなのでもある(嫌いなところは探そうとはしないのだけれど)。アイドルであるウォーホルを楽しく演じていたボウイは観ていても伝わってくる。

「彼は描いている時が、一番幸せだった」とシュナーベルがバスキアについて語っている。表現が尊敬され、愛されている時、そこに住む人々は幸福といえる。デヴィッド・ボウイの、身体的にも精神的にも窺えるアンディ・ウォーホルの演技にも暖かな心を感じた。そういう意味で、ほんの10年ほど前だが、バスキアの生きていた頃は、予期せぬ惨劇がいつでも幸せの隣にあったようだ。ウォーホルの死が、バスキアにとってそうだったように。- 村上龍
[PR]
by bowieworld | 2008-04-30 20:35 | 映画・役者としてのボウイ

61歳のお誕生日おめでとうございます☆

f0004532_18352654.jpg
ボウイ様のお誕生日☆おめでとうございます♪


ボウイは嘗てから、年老いてゆくことに恐れはなく楽しんでいる、というような発言をされてきた。21世紀になり、なおも”ネヴァー・ゲット・オールド!”(『リアリティ』)と謳うボウイの姿が好き。また、これまでの40年のキャリアを振り返って眺めて見る。美麗なボウイが確かに年老いてゆく。でも美しい!さらに美しい!!とさえ想う。私も年を重ねてゆく中で、この美しさの中にある種の”強靭さ”を感じ、またこの混沌とした世界を生きながらも前を向いて歩いてゆこう(時折、逃避もするけれど)と想える。
[PR]
by bowieworld | 2008-01-08 23:32 | ボウイに付随する私的な想い

リンゼイ・ケンプとパントマイム

f0004532_20483554.jpg嗚呼!ボウイ、ボウイ♪昨夜も友人達とのイベントがあり、ボウイの”スターマン”をかけさせて頂いた。友人にもボウイ・ファンは多いのでとても心強い。それなのに「ボウイ館」を9月に更新していないというのも...。でも、ミーハー路線の文章しか書けないので、「ボウイ館」は緊張する。でも、次は予定通り、60年代の続きでリンゼイ・ケンプとの出合いについて。これは、ボウイ語録でもあるのだけれど。

「一緒にいることで、計り知れないほどのものを彼から学んだ。リンゼイがコクトーやシアター・オブ・アブソード、アントナン・アルトーのことを教えてくれた。また、人々の期待を、敢えて逆らうことも教えてくれた。それは時として、ただ驚かすためだけに、また時として、人々を教育する力ともなるのだ。彼は芸術を実験台にするというアイデアを与えてくれた。実生活ではやらないようなことができ、危険を冒せる。芸術を実験の場として使い、その中から新しいライフ・スタイルを見つけ出すんだ。」
f0004532_20293290.jpg
「リンゼイ・ケンプは生きたピエロだった。彼はピエロのように振る舞い、生きた。悲劇的でドラマティックで、生活そのものが舞台だった。だから、彼がステージでやることは、自分自身の延長そのものなんだ。ピエロや女道化の役を借りたり、ジュネの作品を使ったりはしていたけれどね。リンゼイはジュネをこよなく愛していた。オスカー・ワイルドやジェイムズ・ジョイスを使ったこともある。」

これらの語録の中に登場する固有名詞の方々は、私も今も好き。リンゼイ・ケンプが愛したジャン・ジュネって凄く私なりに分かる気がする。ジュネやワイルドの名を知ったのは10代の頃でやはりこうしたボウイの言葉からだった。ボウイが好きなことを私も知りたいと思う。でも、全てを私も好きになることはできないし、そう思いこむこともない。でも、自然と時間が掛かったりしても色んなことが、人が、芸術という中で繋がっていく喜びを得る事ができた。そういう私は幸せだし、やはりボウイという核があってのこと。全てはボウイに行き着くように思っている。

この時期(1967年頃)に、ボウイはパントマイムを学ぶことになる。パントマイムや歌舞伎から得たものを、ロック・ステージに取り入れ成功した最初のお方はボウイだろう。その後も、ずっとマイムの練習は続けておられるようにお聞きする。そんな師リンゼイ・ケンプのショウのためにボウイが曲を書き、そのお返しにフリーのレッスンを受けるという約束が交わされていたそうだ。いいお話だなぁ~って思う。リンゼイ・ケンプとボウイ、その関係を考える時、私の連想ゲーム癖の頭はケン・ラッセル~デレク・ジャーマン~サイモン・ターナー...と華麗なる英国映像美学で噎せ返る。そしてシェイクスピア!さらに、フェリーニ~ヴィスコンティ~ヘルムート・バーガー...などと共に。大好きな音楽と映画も文学も切り離せない。私はどれも優先することができない。
[PR]
by bowieworld | 2006-09-24 19:16 | 盟友・旧友・関連アーティスト

シド・バレットへの追悼コメント

f0004532_5345732.jpg「どれだけ悲しいか言葉にできない。シドから、ものすごく影響を受けた。60年代に見た彼のギグは一生、忘れない。」とボウイはシド・バレットの死を知り追悼の意を逸早く発表した。

2006年7月7日に伝説のシド・バレットは60歳でお亡くなりになった。その死が発表されたのは7月11日(私のお誕生日だった)。あまりネットで訃報ニュース等をチェックしないのだけれど、友人がお誕生日に伝えるのは...と思ったのか、数日後メッセンジャーにて配信してきてくれた。ピンク・フロイドの創設メンバーで初代リーダーだったシド・バレット。1967年の1stアルバム『夜明けの口笛吹き』を発表(2nd『神秘』にも少し関わった曲がある)、その頃から幻覚剤によるものからか精神を病み、バンドに在籍していられる状態ではなかったそうで脱退(ストーンズのブライアン・ジョーンズの脱退をも思い浮かべる)。その後、シド・バレット(Syd Barrett)のソロ名義で『帽子が笑う…不気味に』、『その名はバレット』の2枚を残したまま...。これまでも死亡説、廃人同様ながら生きている...などと幾度もこの正しく伝説のアーティストの噂は囁かれ続けていたように思う。

私がシド・バレットという名を知ったのはやはりボウイ。1973年の『ピンナップス』というカバー曲ばかりのアルバムの中に入っていたから。いつものごとく、「シド・バレットって誰?」「ピンク・フロイドって、あの?」(と言っても音楽雑誌で少し知っていた程度)と、そのオリジナルが聴きたくなるのだった。だって、ボウイが魅了された大好きな曲なのだから。『夜明けの口笛吹き』を買いヘッドホーンで繰り返し聴き、眩暈がする程の衝撃を受けた。フィードバック、サイケデリック、当時のアート感覚に頭がグルグル。少し怖い様な、”スゴイ~!!”という様な感じを楽しむ17歳の頃を思い出す。『See Emily Play』のポップさはボウイのカバー集の中でも直ぐに好きになった。そして、ジャケットに写るシド・バレットのルックスにも惹かれた、というか気になった。

「これらの曲は当時の僕にとって、それは大切なものだった。1曲1曲が当時の僕には意味があった。僕にとって当時のロンドンがこれらの歌だった。金曜の夜になるとロンドンにやってきて、そこで起こってることを見ていた。いつも一晩泊まって・・・・・。」とボウイは嘗て語っていた。

ボウイがシド・バレットから受けた影響の大きさは私にも伝わるのだ。とても大好きだったと。シド・バレット、初期ピンク・フロイドのライヴを体験しているボウイは、シド・バレットの精神を後のグラム・ロックと呼ばれる時代に愛を込めて引き継いだお方の様に思う。プログレにお詳しい方々の中にボウイもお好きな方は多い。グラム・ロックを軽薄だとあまり評価されないお方も知っている。そんな事はどうだっていい!デヴィッド・ボウイというアーティストが真にプログレッシヴなのだから。ボウイがシドの死を言葉に出来ない程悲しんでいる。そう思うと私は涙が止まらない...。シド・バレットの活動時代は追体験。残された作品は永遠だ。私は作品でしか知らないシド・バレットの素晴らしさを、当時を生き、今も生きるボウイから伝えられる。ボウイより1つお兄さんのシド・バレット。お誕生日はボウイと2日違い。引退後のシド・バレットは幾度か病院の入退院を経て、お母様と一緒に静かに生活されていたそうだ。私もご冥福をお祈りしている。
[PR]
by bowieworld | 2006-07-24 23:58 | 盟友・旧友・関連アーティスト

サイモン・ターナーとの幻の共演作品

私はボウイが一等大好き!どうしてかなぁ...女性ヴォーカル好きでフレンチポップスやトラッドフォークとかも好きな欲張り者。でも、一等はボウイ。私が幾つまで生きていられるのかは分からないけれど、いつか死が訪れた時もボウイのお写真とか一緒に居たいなぁ。「スターマン」を聴きながら死ねると素敵かも?...なんてふと思ったりする。

f0004532_8341716.jpgカリスマのボウイ。でも、好きな音楽は他にも色々。好きな男性ヴォーカルってどこかボウイ風とか、空気が似ている様なお方が多い気がする。そんな中のお一人にサイモン・ターナーも。彼は10代の頃から英国のTVなどで活躍して今もアンダーグラウンド・ポップを作り続けている。全て網羅している訳ではないけれど、結構知らないうちに持っている。最初に買ったのはDEUX FILLESというプロジェクト。次はJEREMY'S SECRETというプロジェクト。でも、サイモン・ターナーというアーティストが気になってソロ名義(サイモン・フィッシャー・ターナーとサイモン・ターナーがある)の作品を聴く内に、後からそれらの持っているレコードが彼のプロジェクトなのだと知った。そんな時の嬉しいことったらありゃしない!とっても得した気分というのかな?そして、80年代の終わり頃、el(エル)レーベルというインディー・レーベルが登場。「ロンドン・パヴィリオン」というコンピレーションにはブックレットが付いていて、そこに一際美しい青年のお姿が!サイモン・ターナー!正しく「キング・オブ・ルクセンブルグ」の王子様のようなそのお写真に釘付けとなる。そして、この彼の中で最もポップなプロジェクトは2枚のアルバムをリリース。一時はある曲だけがクラブヒットなる現象を起こし、みんな振り付けして踊っていたものだ。そんな中、来日が決まったもので、チケットが取れるのか?当日は会場には10代のお若い方々がいっぱいかも?...などとドキドキしていた。でも、小さな劇場での2部構成のライヴはひっそりと。そんなにお若い方は目立たず、20~30代くらいの男女の皆様がいらした。そして、決して満員ではなかった。クラブヒットに疎い私だけれど、とってもガッカリした。彼らは1曲の為にアルバムを買って下さるのだけれど、他の曲はどうでもいいのかな?そんなに人気のある曲を作った方が来日してるのに気にならないのかな?その曲が飽きたらそのレコードはどうなるのかな?...って思うと悲しくなるのだった。お客様がお小遣いやお給料で買って下さることに感謝しているのだけれど、そんな疑問はずっと持っていた。何だか年寄りじみたこと言ってるみたい...。

ここは『ボウイ館』。そう!この素敵で不思議なアーティスト、サイモン・ターナーの1990年のインタビューを読んでいた。デレク・ジャーマンの映画音楽も後期は専属だった。デレク・ジャーマンの死は早すぎとても惜しまれる。このコンビはまだ続いたはずだろう。そんな事も思いながら、とんでもない発言を発見して舞い上がってしまった。

今後の音楽活動は?という質問に。
「もし実現できたらデレクの詩をティルダ(スウィントン)が朗読し、デヴィッド・ボウイやマリアンヌ・フェイスフルやニック・ケイヴが歌ったりギターを弾いたりするレコードが作りたい。」

きゃぁ~!!!今からでも実現してください!って願う。こんな好きなアーティスト達ばかり。私の為の企画?って傲慢な思いも抱いてしまうくらい。

サイモン・ターナーのお声はボウイの初期のお声に似た感じがする。10代の頃にボウイの「プリティエスト・スター」を既にカバーしていた。英国の子役スターだった美少年。そして、美しい夢の如き繋がり。70年代はボウイのロンドン事務所の「MAIN MAN」で働いていらしたのだ。ボウイとどんなお話をしていたのだろう?とかお二人のツーショットを想像してトキメク私。

折角なので、もう一つ嬉しいお言葉も。
好きな映画は?という質問に。
「コッポラの『地獄の黙示録』、ニコラス・ローグの『地球に落ちて来た男』。」

私は、こうしてさらにサイモン・ターナーが好きになり、ボウイの素晴らしさを誇らしく思い良い気分になるのだった。
[PR]
by bowieworld | 2006-07-11 07:23 | ボウイ・チルドレン

初めて読んだボウイに関する解説書

f0004532_159061.jpg最初に買ったボウイのレコードは『ステージ』。ピンクの幅広い帯が当時のRCA時代のレコードたちには付いていた。輸入盤屋さんという存在も知らず、自転車で伊丹の星電社で購入。ちゃんとボウイのコーナーがあったのだけれど数種類しかなかった。ライヴを観たばかりだったのでそのお衣装と同じライヴ盤を買ったのだ。

それまでに持っていたLPはビートルズ。全て母が買ってくれたもので輸入盤のBOXSETだった。数ページのブックレットに結成から解散までのヒストリーや、各人の身長などが書かれていた。(フィートで書かれていたのでセンチメートルに苦手な換算を調べながらしたものだ。)この、『ステージ』にも日本盤ならではの解説や歌詞(ボウイは対訳を付けるのが好きではなかったようでRCA時代の作品にはほとんど英詞と、音楽評論家の方の解説だけ)が付いていたので隅々まで何度も読みワクワクした。

「座談会」と題された中で、鋤田正義氏、渋谷陽一氏、松山猛氏とRVCの方の質問から1978年のこのアメリカン・ツアーの感想や以前のボウイがどう変ったのか...などとお話されていた。その中で興味深い言葉たちに出会う事ができた。

鋤田氏:そういうきびしさで勝負しているボウイーはより幅のある立体的な表現を自分自身のものにしていますネ。その結果さらにファンができてくるみたいです。

渋谷氏:ボウイーがいままでやってきたものをステージで再表現して対決している姿は大衆芸術としてのロックの頂点を成すものだ。このアルバムはその血のにじむようなすさまじい人間の生きざまがコミュニケートされています。

松山氏:本当に最近のボウイーはステージ、レコード以外に映画とかさらに絵画もやっているみたいです。特にドイツ表現派の絵に対して評価を与えている彼の絵というものをみたいですね。

先ず読んだボウイに関する文章はこのライナーノーツ。この3人の方々が何者なのかももちろん知らない。でも、後ろに簡単にプロフィールのようなものが記されていた。そして、『ロッキング・オン』を毎号買い始めることになった。本屋さんに通う回数が増えていった。並べられている各音楽雑誌(今ほど種類は多くなかった)をパラパラ見てボウイのお写真やインタビューが載っていれば何でも買った。お小遣いはこうして少女マンガから音楽雑誌やレコードへと用途が変化していった。

ボウイがただ美しいだけではない凄いお方なのだと知り誇らしく思った。そして、映画にも出ているというし、絵も描いている・・・ドイツ表現派って何?って思った。そして、私は幸運な事に中学・高校と美術の先生と相性が良く、時間外にも色々質問したりして教えて頂いたものだ。

単純な私はすぐにドイツを夢みた。「25歳までにベルリンに行く!」と決意。でも、未だに行った事はないまま...そして、ベルリンの壁ももう無くなった。
[PR]
by bowieworld | 2005-11-22 00:00 | 解説書・評論文・雑誌