タグ:NewWave ( 10 ) タグの人気記事

イアン・マカロック(Ian McCulloch)がボウイに捧げた曲 『Me And David Bowie』 とボウイのカバー曲 『The Prettiest Star』★

f0004532_14291140.jpg
★ボウイの死を世界中の人々が追悼し哀しみを共有している。強靭な精神力と優しいボウイの連鎖。いいな☆しかしながら、ボウイの影響は多岐に渡るので、「ボウイロス」が世界中で広がり今現在も進行中。私自身、やはり複雑な想いなのですが、なんとなくまだポカンとした空虚なものが漂う感じです。比較的、心は平穏であるようなのですが...。そして、もしかしたら復活したりして?!なんて。

デヴィッド・ボウイという存在を知り夢中で音楽(洋楽が主となって)を聴くようになった頃。あの蒼い刻を想起しながら色んなアーティストが浮かびます。80年代は正に思春期で、日増しにニュー・ウェイヴとかポスト・パンクと呼ばれる音楽が大好きになってゆきました。情報が少ないので音楽雑誌とラジオのエアチェックは欠かせないものとなり、次第にテレビ離れし今に至っています。
f0004532_14294620.jpg
ボウイ~ケイト・ブッシュ~ジャパンは私の洋楽開眼に導いてくださった方々です。でも既にキャリアもあり新譜を聴きながらも旧譜も探す旅の始まり。そんな中、なんとか同時代的に生きながら今も好きなアーティスト、殊にボウイから強く影響を受けたお方のお一人にイアン・マカロックを挙げることができます。エコー&ザ・バニーメンのファースト・アルバム『クロコダイルズ』です。セカンド・アルバムの『ヘヴン・アップ・ヒア』もリリースされていたと後から知るのですが、あの耽美的なジャケットに魅せられて。安いアメリカ盤(SIRE)でしたけれど。エコー&ザ・バニーメンのことはまた綴りたいと思います。

そのエコー&ザ・バニーメンのリーダーでヴォーカルのイアン・マカロックの曲「Me And David Bowie」やボウイのカバー曲「The Prettiest Star」を聴いていました。イアン・マカロックは新作が聴けないボウイは病気でもうすぐ亡くなるのかも知れない、との想いで居たそうです。そして「Me And David Bowie」を作ったのですが、2013年に突如『ネクスト・デイ』で大復活を遂げたのでした。マカロックはどんなに嬉しかっただろうか!12歳の時にボウイの「スターマン」を聴いて以来のファンのようです。ボウイの病気を心配し、その想いから曲を作るという感覚は少年時代からのアイドルでありファンゆえのこと。そんなイアン・マカロックが好きです。ヴォーカルも衰えることもない。あの美形なルックスにミスマッチな辛口な発言なども蘇ります。

衰えないヴォーカルです!
Ian McCulloch - "Me and David Bowie"


素晴らしいカバー!!
Ian McCulloch - The Prettiest Star Bowie cover


☆ボウイ、あなたがプリティエスト・スター!☆
David Bowie - The Prettiest Star


★暫く此処『ボウイ館』の更新が出来ずにいたのですが、ボウイを追悼すると共にやはり「ありがとう、ボウイ!」としか思えないので、想いがあふれるばかりですので、出来るだけ頻繁に更新したいと思います。訪れてくださる方々、ご縁に感謝いたします。これからもどうぞ宜しくお願いいたします♪

[PR]
by bowieworld | 2016-01-19 15:55 | ボウイの曲のカバーたち

8/20(金)@あめりか村SOCIO 『BOWIE'S CHILDREN』☆パーティー・イベントのお知らせです♪

f0004532_20542641.jpg

あめりか村SOCIO & VELVET MOON presents
『BOWIE'S CHILDREN』
サブタイトルはzoe氏命名の「chouchou stardust」です。

ああ!私はこの日にボウイ・チルドレン代表として星屑になってしまう運命なのです(笑)♪
いつもの「sub-culture」での選曲プラス、デヴィッド・ボウイさまのお声が沢山聴けるイベントです。
みんなで楽しく過ごしたいですね~と、SOCIOのマスターが企画してくださいました。

2010年8月20日 (金)
場所:あめりか村SOCIO
18:00~終電で帰れる時間まで
1500yen (1drink別)

DAVID BOWIE NEW WAVE ELE-POP etc.

DJ
slip (socio)
zoe (sub-culture)
mine (sub-culture)
yamaten (velvet moon)
chouchou (velvet moon)

Live
GLAMALAMODE
グラマラモードという女性ヴォーカルのバンドです。
ボウイやT.REXなどのカバーをメドレーで聴けるそうです★

※追記事項は随時お知らせさせて頂きます♪

あめりか村 SOCIO
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋21152F
【tel】 06-6213-2060
【fax】06-6213-2061
【e-mail】 music_socio@livedoor.com
http://idea-estate.co.jp/socio/
http://blog.livedoor.jp/music_socio/

★私はこの日はボウイと私が好きなボウイ・チルドレンなNEW WAVEをかけたいと想います!

☆皆様、お気軽にご参加ください。
どうぞ、宜しくお願いいたします☆

[PR]
by bowieworld | 2010-08-20 18:00 | VELVET MOONのお知らせ

クラウス・ノミ(KLAUS NOMI)と共演の『SATURDAY NIGHT LIVE サタデー・ナイト・ライヴ (1979)』

f0004532_3263296.jpg

★1979年のアメリカのテレビ番組『SATURDAY NIGHT LIVE サタデー・ナイト・ライヴ』で、ボウイとクラウス・ノミ(1944年1月24日~1983年8月6日)が共演している。ボウイがクラウス・ノミの個性を気に入り、このライヴでの衣装などのデザインとバック・ミュージシャンとしての参加を希望したことから実現したという。2000年代に入り、『ノミ・ソング』というドキュメンタリー映画も公開された(この映画のことはまた後に)。その中でもボウイは記録映像として登場されている。クラウス・ノミとしてレコード・デビューする前の貴重なテレビ番組だと思う。また、ボウイはクラウス・ノミの訃報に悲しみ、直ぐに追悼の言葉をワールドツアー中だったと思うけれど述べている。その時、世界はまだエイズの恐怖を煽り立て、ゲイであることが病魔のように伝えてもいた(今もまだまだ大きな誤解と偏見があるけれど)頃のこと。私はこの『サタデー・ナイト・ライブ』をテレビ放送で観たのが最初。当時、家のビデオデッキはベータという小さめのビデオテープ対応のものしか無く、急にその放送を知ったので大慌てでテープを買ってきて貰い録画した。けれど、その後そのデッキは故障して新たに購入したものでは再生不能という状況。そんな私は記憶の中でしかその映像を知らず見返す術もなかった。けれど、年月を経て友人にその映像ビデオを観せて頂ける日が訪れた。以前はYouTubeでこの時の『世界を売った男』等が観れたのだけれど今はダメなようだ。なので、最も早くにエイズで亡くなったアーティスト(僅か39歳の若さだった)と云われる、素敵なクラウス・ノミの映像を♪
f0004532_3271430.jpg
Klaus Nomi - Nomi Song

[PR]
by bowieworld | 2009-05-21 23:58 | 盟友・旧友・関連アーティスト

バウハウス(BAUHAUS)の『ジギー・スターダスト(ZIGGY STARDUST)』カバー★

f0004532_13204089.jpg
★80年代の私を回想することはとても愉しい。ついこの間のことのよう。ボウイが大好きな私は、バウハウス(BAUHAUS)を知った時、あまりにも自然に”これだ!”と感じた。オリジナルでシングル各種、アルバムと揃ってもいる。そして、いまだによく聴いている。群を抜いてカッコ良かった!思えばバウハウスの4人のメンバーのルックス度は高い(やや過去形にもなりそうな方も)。ヴォーカルのピーター・マーフィー(Peter Murphy) 、ギターとサックスのダニエル・アッシュ(Daniel Ash)、ベースのデヴィッド・J(David J) 、ドラムのケヴィン・ハスキンス(Kevin Haskins) 。ケヴィン・ハスキンスが最もハンサムにも思うけれど、4人共が違った個性を持ちバウハウスであった(ある)。1982年にボウイの「ジギー・スターダスト Ziggy Stardust」とブライアン・イーノの「サード・アンクル Third Uncle」のカップリング・カバー・シングルを発表。ニューウェーブ(ポストパンクとも)シーンにバウハウスは70年代の英国グラムロックを継承したバンドであったとも云えると想う。ゴスと云えばバウハウスは欠かせない。そのゴス帝王の先にはさらにゴッドなボウイが存在していた。これらの美しき継承を麗しき人々が体現してくださっていた。その刻に思春期~青春期を過ごした私の心に記憶された黒い薔薇の十字架♪


f0004532_12421270.jpg

[PR]
by bowieworld | 2009-05-14 11:52 | ボウイの曲のカバーたち

シングル『ASHES TO ASHES』のボウイ3変化♪

f0004532_11364331.jpg

f0004532_11112657.jpg

f0004532_1134443.jpg
f0004532_1135620.jpg

★1980年の7インチ・シングル『ASHES TO ASHES』は3種類発売された。B面は『MOVE ON』。私は一番下のものが最もお気に入り。一つ目のものが最もこれまで見た回数が多いもの(当店に入荷した限りのものだけれど)。12インチはB面が『ALABAMA SONG』(ブレヒト=ヴァイル)♪

※昨夜遅くに忌野清志郎さんの訃報を知りました。私の弟や友人が悲しんでいる姿を想い心痛な思いでいました。今日の記事はちょっと手抜きで申し訳ございません。清志郎さんのご冥福をお祈りしています。
[PR]
by bowieworld | 2009-05-03 10:41 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『ASHES TO ASHES』とNEW ROMANTICS(ニュー・ロマンティックス)♪

f0004532_116676.jpg

★80年代の幕開け!ボウイはアルバム『SCARY MONSTERS スケアリー・モンスターズ』の先行シングル『ASHES TO ASHES』をリリースし全英NO.1を記録。その頃(正確には1970年代末期から)VISAGE(ヴィサージ)が「デヴィッド・ボウイ・ナイト」というクラブ・イベントを開催。そのクラブにボウイも現れたそうだ。私は当時読んでいたいくつかの音楽雑誌の中で、「ニューロマンティック(ニューロマンチック)」と呼ばれ、ロンドンではファッショナブルな若いミュージシャン達と共にボウイやロキシー・ミュージックが毎晩かかるという記事に夢を馳せた。そして、ULTRAVOX!(ウルトラボックス!)やDURAN DURAN(デュラン・デュラン)の音楽に魅せられていた。美しくデカダンなエレクトロ・サウンドが心地良かった。それも、ボウイやクラフトワークの音楽を聴いていたお陰だろうと思う。けれど、私の好きな洋楽はやたらと批判を受けるものが多かった(音楽に限らず)。この「ニュー・ロマンティックス(ニュー・ロマ)」と呼ばれていたムーブメントに属していたアーティスト達は、みんな煌びやかで美麗だった。しかし、当時の洋楽のメジャーシーンはアメリカン・ハードとかヘヴィメタという頃で、それらのギタリストは巧いテクニックを誇示されていた(ミーハー故に美形のギタリストに好きなお方が2人いたけれど)。でも、此方は”英国の美学”あるいは”ダンディズム”という品性を誇っているのだ!と私は批判にグッと口ごもりながらも心の中やノートの中で叫んでいた。根性なしなので彼等に反論することができずにいた。でも、小学生の頃からそんな具合だったので、”あ~あ...”と私の心に仕舞い込んでしまうことに慣れてもいた。ロンドンには綺麗な男の子がいっぱいいるのだと思い、クラスを見渡しクールでいた。

私は「ニュー・ロマ」が大好きだったので、私服に着替えると出かける予定がなくてもフリルのブラウスを着ていた。校則ギリギリにジョン・テイラーの前髪を真似てみたり。若気の至りながらその時は愉しかったのだろう。ヴィサージやボーイ・ジョージに始まるこの「ニュー・ロマ」については、メンバーが交錯しているので整理するためにも追々に好きなグループのことを綴りたいと思う。「ニューロマ」~「エレポップ」(シンセポップとも呼ばれる)は80年代のNewWaveの特徴のひとつ(オルタナティヴやゴシックロック、ネオ・アコースティック等との関連も勿論のこと、これら総てをニュー・ウェーヴと呼んでいたのだから)。80年代に入るとようやくこうした同時代音楽を体験することが出来るようになった。そして、ボウイの『ジギー・スターダスト』を手にする日もやって来たのだ。ヴィサージのスティーヴ・ストレンジはボウイの『ASHES TO ASHES』のビデオクリップにも登場されているので嬉しかった。ボウイの映像はいつも素晴らしい!そして、続々と出会えることになる”ボウイ・チルドレン(Bowie's Children)”も然り♪

David Bowie - Ashes To Ashes

[PR]
by bowieworld | 2009-05-02 11:12 | ボウイ・チルドレン

ボウイとマーク・アーモンド(少年時代)の手が触れ合ったとき☆

f0004532_7274222.jpg

★イギリスのBBC Radio 2 の「Music Club」が、ボウイの60歳のお誕生日を記念して「Inspirational Bowie」と銘打った特集の中で、マーク・アーモンドもインタビューを受けたそうです。「Tainted Life」にも書かれている、リバプール・エンパイヤでのジギー・スターダストのショーで、ステージによじ上ったマークの手を「Rock 'n' Roll Suicide」を歌うボウイが取ってくれた特別な思い出のことなどを話していたそうです。このお話は素晴らしいマーク・アーモンドのファンサイトmarcmaniaの記事より教えて頂きました。日本で最もマークを愛するお方の素晴らしいサイトであり、私の大切な友人でもあります。ボウイの事もお好きなお方で私の知らない事をいつも優しく聞かせてくださるのです。また、私もマークの事は80年代のSOFT CELLの1stアルバムの頃から好き。2007年のアルバム『STARDOM ROAD』では、ボウイの「London Boys」もカバーしています。また、長年ライヴを続けているお方で優れた歌唱力とお声のツヤは今も衰え知らず。ライヴでのボウイのカバーは現時点で3回されているそうです。下のライヴ映像は「Rock'n'Roll Suicide」の愛溢れる素敵なカバーなのです♪

Marc Almond - Rock'n'Roll Suicide


f0004532_728150.jpg

※マーク・アーモンドのことは、また追記いたします。
[PR]
by bowieworld | 2009-04-28 08:00 | ボウイ・チルドレン

『FUN TIME』 ボウイとイギーの名曲 その2.

fun time, iggy pop & david bowie


Peter Murphy - Fun Time


Peter Murphy - Final Solution


★ボウイ&イギーの名曲シリーズを続けてみます。『FUN TIME』もまたイギー・ポップの1977年アルバム『THE IDIOT』に収録されている曲。一番上のものはボウイがイギーを大プロモーションしていた頃のもの。ボウイはイギーのバックメンバーとして各国を廻る。日本にもイギーと一緒にプロモーション来日している。ボウイはキーボードとバック・ヴォーカル担当。ああ、美しき友愛!2番目のものはピーター・マーフィー(バウハウス)の1986年の1stソロ・アルバムにも収録されていたカバー曲。ピーター・マーフィーはボウイやイーノ、T.REXのカバーをBAUHAUS時代に残している。抜群のカバー・センスのあるお方。BAUHAUSもまた、私の思春期に出会った音楽であり今も大好き。各メンバーそれぞれ好きで幾つかのプロジェクトがある。メンバーの中で今も最も好きなのはデヴィッド・Jな私。彼はルー・リード、あるいはヴェルヴェット・アンダーグラウンドの影響が色濃い。BAUHAUS絡みのこともまた追々にと思う。BAUHAUSはゴス・ゴッドとも呼ばれたりもする。下のスージーはゴス・クィーンとも。パンク~ニュー・ウェーヴという流れの中で70年代から今日まで共に重要な方々であり名作・名曲も数多い。しかし、遡ればやはりボウイでありイギーでありルー(ヴェルヴェッツ)へと行き着くと思う。ボウイがゴス・ゴッドと評された記事を読み再認識できた。バウハウスだけではなく、ジョイ・ディヴィジョンもまたボウイからの影響が大きいことなども忘れてはならないのだろう。私は”ゴシック”なる世界が好きなのでロックに限られたものではなく、色々と興味は尽きない。こんなお話もボウイの存在無しではあり得ぬこと!3つ目のものはピーター・マーフィーのカバーという連想ゲーム癖で。オリジナルはPERE UBU(ペル・ウブと表記されることもあるけれど、私はペル・ユビュと言っている)の曲で1976年のシングル曲であり、1985年のアルバム『TERMINAL TOWER, THE ARCHIVAL COLLECTION』に収録されていて知った曲。ペル・ユビュも結構好きで色々と繋がりゆく。このオリジナルも当然素晴らしいのだけれど、やはり、ピーター・マーフィーのカバーもカッコイイ!!
[PR]
by bowieworld | 2009-04-23 03:24 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

『THE PASSENGER』 ボウイとイギーの名曲 その1.

Iggy Pop - The Passenger (live)


Siouxsie and the Banshees - Passenger


★イギーのお誕生日。VELVET MOONの店主はイギーの大ファン!憧れているようで、ボウイが一等好きなのは別として、イギーに対する思いは理屈を超えた”かっこよさ”という感じだろうか。私のようにつべこべ語らないので何気に観察中。思えば、ボウイ=イーノ、ボウイ=イギーという合作曲は多い。素晴らしい曲が沢山ある。イギーが初めてヒットチャートにご自分の名前が出て嬉しいと語っていたのは、ボウイが共作でありイギーのアルバム『THE IDIOT』に収録されていた『CHINA GIRL』をカバーして世界的にヒットした折のこと。そんなイギーって素敵だと思えた。そして、カバーされる事も多くなってゆく貴重な御大。『THE PASSENGER』もイギー&ボウイの名曲の一つ。直ぐに浮かぶのはこれまた、私の長年のミューズのおひとりスージー・スー率いる”スージー&ザ・バンシーズ”。1977年はパンクの年。ベルリンでのボウイとイギー。この歴史的意味は重い!
[PR]
by bowieworld | 2009-04-22 03:41 | 素晴しきアルバム・楽曲たち

感激のボウイ・カバー集

f0004532_91004.jpg

1 Ian McCulloch - The Prettiest Star
2 Culture Club - Starman
3 Guy Chadwick - Fall In Love With Me
4 Edwyn Collins - The Gospel According To Tony Day
5 The Divine Comedy - Life On Mars
6 Alejandro Escovedo - All The Young Dudes
7 Midge Ure - The Man Who Sold The World
8 Associates - Boys Keep Swinging
9 Big Country - Cracked Actor
10 Peter Murphy - Funtime
11 The Polecats - John, I'm Only Dancing
12 Blondie - Heroes
13 Sigue Sigue Sputnik - Rebel Rebel
14 Duran Duran - Fame
15 The Gourds - Ziggy Stardust
16 The Langley Schools Music Project - Space Oddity
17 Christian Death - Panic In Detroit
18 Black Box Recorder - Rock'n'Roll Suicide

f0004532_18115282.jpg

★英国の雑誌『UNCUT』のボウイ特集号(2003年)のFree CDより。私は知らなくてお世話になっているGOHAN-YA CAFE KITCHENの店主さまから教えて頂きお貸しくださったもの(後日購入)。私の周りにボウイ・ファンのお方は多く、また、いつ更新するのかも知れぬこの『ボウイ館』を見守ってくださる方々に感謝しています。学生時代はボウイのお話が出来る友人は僅かだったけれど、ずっとボウイが一等大好きであり続けて良かった。私よりももっと古くからのボウイ・ファンのお方や同世代、まだお若いお方とも今はボウイのお話ができる。ボウイが好きではないお方も多い。それも仕方ない。容姿やイメージだけで”デヴィッド・ボウイ?あんまり”なんて言われると口惜しいけれど有名だから仕方ないのかな...。あるお友達がご自分のお気に入りのセレクトCDを音楽好きの友人と情報交換として楽しんでいると教えてくださった。私よりずっと年下のお方でギター・ポップが大好きで好きなアーティストのバックボーンにまで今は向っている。そんな過程でボウイを聴き始めることになり今はボウイ・ファンでもあるお方。ボウイは有名なのでいつでも聴けるという感じで、やや軽視した様子のご友人に全くアーティスト名を書かずにそのセレクトCDを渡してみたという。すると、気に入った曲にボウイがいたと。嬉しかったと私にお伝えくださり、私も嬉しく思った。そして、”あの曲、デヴィッド・ボウイだよ”と伝えそのご友人はかなり意識が変わったそうだ。良かった!良かった!

ネオ・アコースティックやギター・ポップという嘗てのNew Waveシーンから継続されるポップ・ロックの世界。ブームもあった。何冊もそれらの特集本が発行されていた。全てを読んではいないけれど、幾つかは好きなアーティストも掲載されているので読んでみた。でも、その中の記事でヴェルヴェット・アンダーグラウンドやビーチ・ボーイズは登場してもボウイの名前は大きく浮上しないことがいつも不思議だった。ブリット・ポップの特集時ですら...これはかなり変だと思った。それらの書物は案内人の役割を持つのだろうからボウイに触れていなければボウイに興味はゆかない。他の音楽ジャンルでも同じだと想う。嘗て愛読購読していた『ロック・マガジン』や『FOOL'S MATE』で最新のインディー情報と同時にボウイやイーノ、プログレ記事を読み聴いてみたくなる若き日の私を想い出す。先日、阿木譲さんにお会いする機会に恵まれ、とても色々お話をしてくださり嬉しかった。終電がなければもっとお話させて頂きたかった。相変わらずストイックなお方で変わらぬものを感じ勇気付けらた。もう大先輩だもの!

このカバー集の1曲目はイアン・マカロック!お借りした時に収録内容をチェックする前に早く聴きたくて流したところ、”この声は!!”と思い涙した。エコー&ザ・バニーメンはデビューの時から好きで、加藤和彦さんのラジオ番組を聴いていて紹介してくださったのが最初。まだ10代の私はラジオは欠かせない情報源だった。その時にバウハウスも紹介してくださり知った。加藤和彦さんはその番組で”今のイギリスの音楽は大きく分けてボウイ系とフェリー系の二つにあるみたい”というようなお話もされ、ブライアン・フェリーも好きな私はたいそう喜んでいた。イアン・マカロックがドアーズやヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカバーをしても全く不思議ではないけれど、ボウイのカバーが聴けるとは思っていなかった。ボウイを聴いたことのない英国ミュージシャンを探すのは難しいだろうが。ネオ・アコというとアズテック・カメラは欠かせない。94年頃だったかのインタビューで”ジギー・スターダストを聴いてギターを始めた”というような発言をされていた。その時も驚きと感激で胸躍るものだった。そして、その記事を読まれたファンのお方がボウイのアルバムをお買い求めくださった。こういうことは忘れられない。このカバー集には既に発表されているものも含まれる。その中ではダントツにロズ・ウィリアムズのヴォーカルのクリスチャン・デスが大好き!でも好きなアーティストが並ぶ(15.16曲目はこれが初めて)ボウイ・カバー集なので、今まで聴いてきたそれらのアーティストの作品が浮かんだりと想いが巡る...ボウイは今はニューヨークのイギリス人だけれど、どうしたって英国人。私は音楽(ロック)はジョン・レノンから始まりボウイへ...そして今も色々と聴いている。フランスの音楽も大好きなのだけれど、ボウイがジャック・ブレルのカバーをしていたので母の持っていたそれまでは興味のなかった古いシャンソンも聴きたくなり今はすっかり魅了され続けている...音楽に国境はない。そして時をも超える☆

[PR]
by bowieworld | 2008-11-01 11:35 | ボウイの曲のカバーたち